読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

ジレンマ

マンダ軸構築を組む上で、避けて通れないのが化身ボルトロス対策である。

しかし、それと同じくらい、重要な事に気づいた。「並びに対する選出パターンを確立する事」である。

例えば「ガルガブボルトスイクン」という「並び」に対して、安定して勝てる選出パターンを確立する事が重要だと思われる。

ところが、ここで、自分がジレンマに陥っていると気づく。

例えば、「マンダヒトムマンムースイクン+2」という並びが、ガルガブボルトスイクンに対応する場合の選出パターンを考える。

ここで、初手ガルーラガブリアスを警戒してスイクンを初手に置くと、相手の初手がボルトで、かつそいつが悪巧みを持っていた場合その時点で試合が終わりかねない。

かといって、それに対抗しようとマンムーやヒトムを初手に置くと、相手の初手がグロパンガルーラや鉢巻ガブリアスだった場合にこちらの並びが崩壊してしまう。

つまり、私は「ボルトを警戒するとガルーラガブリアスに崩されるリスクが生じ、ガルーラガブリアスを警戒するとボルトに崩されるリスクが生じる」というジレンマに陥っているのである。

この為、初手がガルガブボルトスイクンのいずれであっても、とりあえず「初手から詰む」という状況は確実に避けられる、というリスク管理が出来ないのである。

このジレンマを解消するには、「ボルトorガルーラorガブリアスに強く、且つ他の二匹にも隙を見せにくいポケモン」が必要かと思われる。が、そんな都合の良いポケモンがいるとも思えないので、打開策を見つけられないでいるのが現状である。

どうにか出来ないかなぁ......