読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

ツイッターを見ていて思った事

 ツイッターを見ていると、ある人がこんな事を言っていた。

「ネット対戦に合わせてバランス調整できないなら、ポケモン作るのやめろゲーフリ」と。

 確かに、現在のレート環境が100%理想的な状態か、と言われれば決してそうではないだろう。 

 メガガルーラの飛び抜けた性能だったり、改造個体が未だに撲滅されていなかったり。

 そういう問題点はあると思う。

 しかし、しかしである。

私たちが、ブログやらツイッターやらで盛り上がったり、繋がったり、オフや大会を開いたり、そして何より対戦が出来ているのは、他ならぬゲーフリのおかげではないのか。

 少なくともゲーフリがポケモンという作品を作って発売してくれていなければ、このブログは存在しなかったと思う。

 それ故、私は「ポケモン作るのやめろゲーフリ」などとはとても言えない。むしろ、より良いポケモンを作って欲しい、ポケモンというコンテンツを存続させて欲しいと思っている。 

 

もし、レート対戦をしていて、ゲームバランスがあまりに理不尽だと感じた時、どのように受け止めれば良いのか。

 そういう場合は、ポケモンに対する見方を変えるのが良い。

 具体的には、ポケモンを「対戦ゲーム」とみなすのではなく、「対戦要素が付加されたRPG」として見るのである。

 「RPG」として見るのであれば、対人戦モードのバランス調整が多少不十分だったとしても、ある程度楽しむ事が出来るのではないだろうか。

 少なくとも、「メガガルーラがぶっ壊れてるからポケモンはクソだ!ポケモン作るのやめろゲーフリ!」などとストレスを溜める事は無くなると思う。

 

 私自身は、ポケモンのうち、「対戦ゲーム」という要素に重きを置いている事は確かだ。そのためか、対戦していて神経をすり減らすこともあるし、仕様に理不尽さを感じる事もある。

 しかし、それでも、少なくともゲーフリが「ポケモン」というゲームを製作し、発売してくれている事、それ自体に対しては感謝の気持ちしかない。

 これからも、ゲーフリがポケモンを作り続けてくれる事を望んでいる。