読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

色々なマンムー

f:id:mokugyo327:20160408131711j:plain

 よくマンダの相方にされているこのポケモン

 こいつに関する記事を書いたことが無かったのを思い出したので、今回は使ったマンムーの使用感をまとめておこうと思います。

 なお断りが無い限り、性格は意地っ張り、努力値はAS振りです。

 

(1)襷

 一番古典的なマンムー。礫/地震/氷柱針/ステロ の個体です。

 この型は「行動保障」という点においては優れており、安定感がある、というのが使った感想です。

 ステロを採用しつつ、Sに振り切ることで、「序盤の場作り」にも「終盤の詰め」にも使える、という印象です。

 何でもかんでもやらせようとすると過労死するけど。

 

(2)珠

 使ったのは礫/地震/叩き/ステロ の個体です。

 この型の強みは突破力の高さ、例えば礫でガブが吹っ飛びますし、叩き地震でHCポリ2を突破出来たりします。

 中盤の崩しと終盤の詰めに向いている、という印象です。

 反面、行動保障がかかっていないため、場合によっては選出しにくい・動かしにくいのが欠点でしょう。

 

(3)ラム

 技は礫/地震/叩き/ステロでした。

 シーズン8の頃に使っていました。ラムによって威張るボルトやクレッフィに対抗した型、というのが使った感想です。

 ただ、襷と異なり行動保障がかかっておらず、その上珠程の突破力も無いので、扱い辛さを感じる事もありました。

 

(4)チョッキ

 ボルト対策の定番(?)チョッキマンムー。私も愛用しておりました。

 努力値はAD振り、技は礫/地震/氷柱針/地割れでした。

 この型は「電気受け」としてマンムーを採用する場合、最も安定する型だと言えそうです。例えば、ライコウの眼鏡シャドーボールを3発耐えます。ロトムと気合玉ボルト以外の電気には安全に後出しできると見て良いでしょう。

 また、副産物として高耐久型やピクシー相手に地割れの試行回数を稼いだり、ウルガモス地震+礫で処理できたりします。その点も魅力的でした。

 

(5)ゴツメ

 最近手を出している型。性格は腕白、努力値はHBベースです。

 チョッキが「電気受け」という役割を意識した型だとすれば、こちらは「ガブ・カイリュー対策」という役割を意識した型だと言えます。

 確かに、鉢巻ガブに対しても、ゴツメ二回+礫で1:1を取れる点は優秀だと思います。

 ただ、ガルーラにさほど強くない点と、回復技が無い点が何とも物足りないです。

 もう少し使い続けて、理解を深めていきたいですね。


 ......とまあこんな所でしょうか。

 個人的には襷とチョッキが使いやすいと思います。

 何かありましたら、コメント欄、もしくはTwitter @mokugyo327まで。