読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

メガボーマンダの型いろいろ

f:id:mokugyo327:20160630205649j:plain

 皆様こんにちは、木魚でございます。

 今回は、自分が今まで使ってきたメガボーマンダの型について、使用感をまとめておきます。

 私が使ってきたのは、(1)両刀(2)毒羽(3)AS龍舞(4)DS龍舞(5)慎重HDの5つです。それぞれ見ていきます。

 

(1)両刀

性格:無邪気

実数値:170-189-150-149-99-189

努力値: A188 C68 S252

技: 捨て身/地震/流星/文字

調整:

・最速

・C:文字でH振りエアームドが確定

・メガ前捨て身+メガ後流星でHBメガヤドランが確定

 本ブログの初記事において、主役を張った型。CASを始めて間もない頃は、こいつのH実数値の事でいじられていたのを覚えています。

 この型は、調整の部分でも述べたように、いわゆる受けループを意識しており、上手く回れば受けループを半壊させる事も可能だったところが優秀でした。その上技範囲が広く、それでいて最速を確保しているので、ガルーラやルカリオに対して確実に先手を取れる、という安心感がありました。

 またASベースであるため捨て身の火力も十分高く、ゴツメ2回と捨て身で大体のガルーラを落とせる、という所も、勝ち筋の計算がしやすかったです。

 一方で、回復ソースが無い上耐久を削っているため消耗が激しく、複数回サイクルに参加するのは難しという欠点も感じました。このため、序盤の崩しに使って後ろで詰めるのか、それともこのポケモンを詰め筋として使うのか考えて動かさなければ、いたずらに消耗してしまい、性能を発揮できないと感じます。

 私がこのポケモンを採用した時はバシャマンダの2メガでしたが、なんとなくこの型のマンダはメガバシャと似たような性質があると感じました。つまり、一貫を作って上から制圧する、という性質がバシャと共通しているという事です。

 

(2)毒羽

性格:陽気

実数値:171-197-150-x-110-189

努力値: H4 A252 S252

技: 捨て身/毒/身代わり/羽

 少し珍しいAS毒羽マンダ、毒羽による汎用的な崩し性能を維持しつつ、少しでも多くの相手に捨て身の火力を押し付けるべく、ASに振り切りました。

 この型の長所は制圧力の高さ、読みさえ通せばクレセリアボルトロスも突破可能である点は魅力的でした。

 またこの型特有の強みとして、Aに振り切っているため、ゴツメ2回+捨て身で大体のガルーラを落とせるなど、「相手を崩して制圧する」という能力が高いという点があります。ダメージ計算をすると、概ねA166捨て身の最高乱数≒A197捨て身の最低乱数、と言えるほどの差があります。

 一方で、2点ほど欠点も感じました。一つ目は、鋼の処理に手間取りがち、という点です。この型は飛行打点しか無いので、飛行半減のガルドやドランの処理がもたつきがちであり、そういう時は地震が欲しいと感じていました。この欠点は、特にクレセドランの並びに対して選出した時に顕著であり、「クレセの毒を入れたはいいが、ドランに手こずり攻めあぐねる」という状況に陥る事もありました。

 二つ目の欠点は、「身代わりが残りにくい」という点です。これはこの型の弱みと言えるかもしれません。

 一般的なHS毒羽マンダであれば、C無振り水ロトムのボルチェンを身代わりが耐えるのに対し、このマンダはそのようなロトムに身代わりを割られてしまいます。このため、身代わりを残すためには「読み」が求められる部分も多く、その点で動きにくさを感じた時期もありました。

 ところで、最近毒羽マンダ自体をほぼ見なくなりましたが、あれはどうしてなんでしょうね?

 

(3)AS龍舞

性格:陽気

実数値:171-197-150-x-110-189

努力値: H4 A252 S252

技: 捨て身/地震/龍舞/空元気

 私がレートを始めたての頃に使っていた型。龍舞型の中でも、「全抜き」というところを意識した型だと感じています。

 この型は積んだ後の突破力は非常に高かったですし、最速を取っているためメガするタイミングを逃したとしてもある程度動けると感じていました。

 一方で、回復技が無いためサイクルにはほとんど参加できず、当時は「マンダは終盤の詰め筋として使うポケモンだ」と思い込んでしまっていたのを覚えています。

 

(4)DS龍舞

性格:陽気

実数値:175-167-151-x-142-182

努力値: H36 A12 B4 D252 S204

技: 恩返し/地震/龍舞/羽

調整:

・H16n-1

・C178バシャーモの珠めざ氷高乱数耐え

・C177ボルトロスの珠めざ氷を最高乱数切り耐え

・メガ前最速ジャローダ抜き

 一時期コバルマンダトドンという構築を使っていた際に採用していた型。その原案を作った方から聞いた情報を元に考察した結果、「珠バシャーモ」という仮想敵を見いだし、それを意識して調整しました。

 ......が、正直使用感は良くなかったです。ざっくり言えばASとHDを足して3で割ったような感じでした。

 火力面で言えば、龍舞を積んでもなお火力が足りず、恩返しをスイクンにミリ耐えされて負けたことがあるなど、「捨て身にしたい」と思う事がしばしばありました。

 耐久面も信用できるとは言えず、珠めざ氷にしてもステロ込みで落ちるためかなりギリギリであり、HDのような「龍舞羽休めで複数回舞う」という芸当はほとんどできませんでした。

 速度にしても、メガ後にライコウを抜いていないため地震があってもライコウを縛れないところが不十分だと感じます。

 火力・耐久・速度どれを取っても中途半端であり、あまり強さを感じられませんでした。今コバルマンダを使うなら、正直HDで使いたいです。

 

(5)慎重HD

性格:慎重

実数値: 201-165-150-x-152-145

努力値: H244 D228 S36

技: 空元気/地震/龍舞/羽

調整:

・H4n-1で最大

・メガ前最速バンギ抜き

・余りD

 シーズン12~13において、私を支えてくれた型。尊敬しているわっきぃ氏の配分・技構成を元に微調整したものであります。

 この型、一見すると火力も速度も低く、はっきり言えば「弱そう」な型です。実際、私自身も実戦投入する前は、こんな数値の低いやつにメガ枠を当ててきちんとパーティが回るのかどうか、不安で仕方がありませんでした。

 しかし、実際には見た目よりも遥かに高性能でした。特に複数回サイクルを回す構築においては強力なポケモンだと感じています。

 この型は見た目以上に起点にできる範囲が広く、例えばHDアローは基本的に餌です。

また、耐久が高いおかげで「龍舞羽休めで複数回舞う」という芸当も可能、その上思いの外状態異常を浴びる頻度も高く、そうなると空元気のおかげで意外な程火力が出ます。

例えば、ステロ+状態異常空元気2発でHBスイクンを突破する事が出来ます。

......とこう書くといい事ずくめに見えますが、もちろん万能ではなく、欠点も幾つかありました。一番大きかったのはやはり素の火力が低い点です。素空元気の火力は大体A振り捨て身の半分くらいしかなく、1舞の場合でも火力が足りない、という事がよくあります。流石にマンダといえども、毎回状態異常を浴びる訳ではないので、そういう時は火力不足だと感じました。

また、たまに全く舞う機会が無さそうだ、という事があり、そういう試合の時は腐ってしまう事もありました。これも、素の突破力が低い故でしょう。

 この型については、以前にも記事に書きましたのでよろしければ。

mokugyo327.hatenablog.com

大体こんなところでしょうか。個人的にはHDと両刀が好きです。

何かありましたらコメント欄、もしくはTwitter @mokugyo327まで。