読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

没になったポケモン集

ポケモン へんないきもの

 6世代もいよいよ本当の終わりを迎えるという事で、今回は6世代で作ったポケモンの内、没になったポケモン達を集めました。

 
☆毒持ち両刀メガボーマンダ

f:id:mokugyo327:20161024212309j:plain

性格:無邪気

実数値:170-189-150-149-99-189

努力値: A188 C68 S252

技: 捨て身/流星/地震/毒

 マンダを使い始めて間もない頃、「両刀マンダに毒を仕込んだらクレセリアも崩せて最強なのでは?」という事を思い立ち、育成した個体。

 しかし、実際には身代わりが無い為に、毒を交代読みで撃たねばならなかった点が扱いづらかったです。読みレベルが高ければ強いのかもしれませんが、そんな能力の無い私は毒をもてあます事となりました。毒打つだけ打って返しの電磁波で麻痺るの凄く弱い。

 

☆DS龍舞メガボーマンダ

f:id:mokugyo327:20161024212851j:plain

性格:陽気

実数値:175-167-151-x-142-182

努力値: H36 A12 B4 D252 S204

技: 恩返し/地震/龍舞/羽休め

調整:

・H:16n-1

・H-D: C178珠バシャーモのめざ氷高乱数耐え

・S:最速ジャローダ抜き

 S12の序盤、コバルマンダトドンなる構築を使っていた時に採用していた個体。

 以前も書いたような気がします(下記リンク参照)が、このポケモンはとにかく火力も耐久も中途半端で弱かったです。

mokugyo327.hatenablog.com

例えば、黄ゲージのスイクンにミリ耐えされた悲劇を筆頭にせっかく舞ってもミリ耐えのオンパレードであり、かといって複数回舞えるか、というとギリギリすぎる耐久のせいでそれも厳しいので、舞って1体だけ倒し、そのまま相手の後続に倒されて終了、という事になりがちでした。イメージでいうとASとHDを足して3で割ったくらいの感じでした。

それにしても弱かったなあこいつ......

 

☆空元気メガヘラクロス

f:id:mokugyo327:20161024215224j:plain

 机上論で没になったポケモンその1。配分としては意地っ張りASベースと陽気最速の2パターンを考えていました。これを考えていた当時、スイクンの熱湯やけどがどうしても怖かったので、空元気マンダにヒントを得て、スイクンを起点にする空元気メガヘラを考案しました。しかし、A特化してもステロ+剣舞空元気でスイクンが落ちない、ゲンガーとスイクン意外に火傷をばら撒いてきそうなポケモンはほぼほぼ炎タイプである為そもそも突っ張れないなどの問題点が露呈し、没になりました。

 

☆オーバーヒートメガバシャーモ

 

f:id:mokugyo327:20161024215710j:plain

性格:やんちゃ

実数値:163-233-101-153-91-141

努力値: H60 A252 B4 C20 D4 S164

技: オーバーヒート/膝/フレドラ/守る

調整:

・膝+オバヒでHBカバルドンを確定

・準速ドリュウズ抜き

 机上論で没になったポケモンその2。「バシャーモを受けに来るカバを返り討ちにしたい!」という思いつきから生まれたものです。こいつに限っては、カバを返り討ちにするのみならず、クチートの威嚇を無視出来たり、ナットレイや削れたガブ・ガルドを非接触で倒せたりと意外に用途が多いので、今でも可能性自体は感じています。

 ではなぜ没になったのかというと、「厳選が面倒だから」という一言に尽きます。

 思いつきの一発ネタポケモンでありながら、6V前提の調整となってしまったので、思いつきを検証する為だけにそんな物を厳選する気になれず、構想も自然消滅してしまいました。

 

サイコショックポリゴン2

f:id:mokugyo327:20161024220614j:plain

特性:ダウンロード

性格:生意気

実数値:191-100-113-125-160-72

努力値: H244 B20 D244

技:恩返し/サイコショック/毒/自己再生

調整: 

・H:16n-1

・H-B: A147ゲッコウガの珠けたぐり2耐え

・余りD

 S17にてマンダの相方としてHDポリ2を見出した当初使っていた型。ショックはメガゲンガーを意識して採用しました。D振り個体に対してはサイコキネシスよりもサイコショックの方が高いダメージを出せるので、ショックの方が良い、という訳です。HDポリ2自体は間違いなく非常に高性能だったものの、ショックの使い勝手は今一つでした。ヘラやバシャへの交代読みで撃てば大きく削ることが出来ますが、Cが上がっていても確定耐えされるので、ゲンガーピンポイント感が否めませんでした。

 

 以上5体が、没ポケモン達の中でも印象的だったポケモンでしょうか。

 これら5体の内、オバヒメガバシャについては今でも可能性を感じておりますので、6Vやんちゃアチャモをお持ちの方、あるいは6Vやんちゃバシャーモをお持ちの方がいらっしゃったら、一度育てて使ってみてください。

 ご報告やご連絡はコメント欄、もしくはTwitter @mokugyo327まで。