読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

メガへラクロスのサブウェポン

ポケモン 単体考察

 皆様こんにちは、木魚でございます。

 f:id:mokugyo327:20160608141529j:plain

 今回は、メガへラクロスというポケモンのサブウェポンについて、考察していたことをまとめておきます。

 今回扱うサブウェポン候補は、(1)ロックブラスト(2)タネマシンガン(3)地震 の3つであります。

 なお、考察を整理しやすくするため、ヘラの配分は意地っ張りHAS振りの個体とします。

 

(1)ロックブラスト

 有利対面ロクブラの法則。個人的には、「ヘラの強さ」を支える技だと考えています。なぜならば、有利対面で「交代読みロクブラ」をちらつかせれば、相手の飛行ポケモン(リザ・アロー・マンダなど)の受け出しを牽制できるからです。

 また、Sサポートさえしてしまえば、飛行ポケモンのうちアロー以外はロクブラで突破する事すら可能になります。

 更に、現在もなお環境に多いボルトロスと殴りあう場合も、ロクブラが不可欠であります。

 これらのプレイングはロクブラ無しでは不可能であるため、外す理由が無いでしょう。

 

(2)タネマシンガン

 明確に確定数が変わるのは、水ロトムマリルリ辺りです。HBカバやHBスイクンに関しては、種ガンでもミサイル針でも確定2発です。

 マリルリに関しては、これ以外の技をことごとくマリルリが半減で受けてくるため、種ガンの有無によって有利不利が逆転します。

 水ロトムに関して言うと、例えばH振りオボン型を考えた場合、ミサイル針と種ガンでは確定数が大きく変わってきます。

 ミサイル針の場合、A特化しても1ターンでオボンを貫通して倒せる確率は2%未満でしかありません。それに対してタネマシンガンの場合、H振りの場合、オボンを持っていても確定1発となります。

 また、カバやスイクンに対しても、確定数こそずれないものの、ダメージ量自体は大きく変動します。

 例えばHBカバに対して、A特化の場合、それぞれのダメージは

ミサイル針:105〜125

タネマシンガン:140〜170

(両方とも急所非考慮)

 となります。

 これらの事から、タネマシンガンはカバやスイクンを迅速に削りつつ、マリルリや水ロトムを意識した場合に採用できそうです。


(3)地震

 ギルガルドクチートに抵抗出来る技。

 特に対ガルドと言う意味では大きく、ガルドの起点回避が可能になります。つまり、悠長な交代読みをしてきた場合、それを咎める事が出来る、という事です。

 またクチートに関しても、低乱数ではあるものの、突破できる目が出てきます。

 この他、麻痺したメガゲンガーバシャーモ地震で処理、という事も可能になります。

 総じて言えば、「やや不利な相手を味方と連携して誤魔化せる技」、という位置づけでしょうか。


 (1)〜(3)を纏めると、「ロクブラは切る理由がない、マリルリや水ロトムを意識するならタネマシンガンを、ガルドやメガゲンガーといった不利な相手を誤魔化したいなら地震を採用する」という事になるでしょう。

 何かありましたらコメント欄、もしくはTwitter@mokugyo327まで。