読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

見掛け倒しガルクレセ

ポケモン 構築

今回は、初めてガルクレセに手を出し、その時に使っていた並びを供養しておこうと思います。

 

 

〔簡易紹介〕

かなり変更を重ねましたが、一番長く使っていたのは以下の6体です。

 f:id:mokugyo327:20160502221412j:plain

・ガルーラ@ガルーラナイト

陽気AS

猫/捨て身/地震/冷凍P

クレセリアゴツゴツメット

図太いHB

冷凍B/電磁波/スキスワ/月光

ボルトロス@オボンの実

穏やかHBDS

10万/電磁波/気合玉/悪巧み

サザンドラ@珠

控えめCS

流星/悪波/文字/挑発

ヒードラン@残飯

穏やかHDS

マグスト/鬼火/挑発/守る

ガブリアス@スカーフ

意地AS

逆鱗/地震/ドラクロ/エッジ

 

以下、個別に紹介いたします。

 

〔個別紹介〕

f:id:mokugyo327:20160502211042j:plain

☆ガルーラ@ガルーラナイト

特性:肝っ玉→親子愛

性格:陽気

実数値:181-176-120-x-121-167

努力値: H4 A244 D4 S252 (4余ります)

技:猫騙し/捨て身タックル/地震/冷凍パンチ

調整:

・最速

・DL意識でD>Bになるように配分

・余りA

 

 今回はいつものボーマンダではなく、「猫捨て身ガルーラ軸でサイクルパを組みたい!」という思いから、今回の構築を組み始めました。

 型は、以前使って使いやすかった猫捨て身型をそのまま採用しました。

 

f:id:mokugyo327:20160502211729j:plain

クレセリアゴツゴツメット

特性:浮遊

性格:図太い

実数値:227-x-189-95-151-105

努力値: H252 B252 D4

技:冷凍ビーム/電磁波/スキルスワップ/月の光

 

襷めざ氷・珠めざ氷を含めたほぼ全てのバシャーモを受けられるポケモンとして採用。

 電磁波は、バシャーモをガルーラで倒せるようにするため、冷凍ビームはガブやマンダに隙を見せないために採用しました。

 スキスワは、マリルリクチートで詰まないための技です。

 

f:id:mokugyo327:20160502212240j:plain

ボルトロス@オボンの実

特性:悪戯心

性格:穏やか

実数値:185-x-95-146-135-136

努力値:H244 B36 C4 D180 S36

技:10万ボルト/気合玉/電磁波/悪巧み

調整:

・H:オボン効率最大、且つ4n+1

・H-B:A146ファイアローの鉢巻フレドラ耐え

・H-D:C194サザンドラの眼鏡悪の波動オボン込み2耐え

・S:最速70族抜き抜き

 

「ガルクレセの並びに一貫するポケモンは何か?」と考えた時、「スイクン・ゲンガー・ギャラドス」という答えが浮かんだので、それらに対抗できるボルトロスを採用しました。

 ゲンガーに後出ししたいので性格は穏やかで採用、瞑想スイクンに対抗するために悪巧みを搭載しました。

 

f:id:mokugyo327:20160502214419j:plain

サザンドラ@命の珠

特性:浮遊

性格:控えめ

実数値:167-x-110-194-111-150

努力値: C252 D4 S252

技: 流星群/悪の波動/大文字/挑発

 

 ここまでの三体を見た時、「ヘラクレセドランが重い」と感じたので、それに一貫するポケモンを探しました。その結果、ヘラを文字で、クレセドランを悪波で突破可能なサザンドラを採用しました。

 挑発は、「サザンの挑発は読まれにくいし、ポリ2やクレセのトリルを止めたら面白いのでは?」という興味本位で採用しました。実際、挑発はほぼ読まれず、面白いように決まったので、これ自体は成功だったかと思います。

 

f:id:mokugyo327:20160502214936j:plain

ヒードラン@食べ残し

特性:貰い火

性格:穏やか

実数値:193-x-126-150-162-113

努力値: H212 D172 S124

技: マグマストーム/鬼火/挑発/守る

調整:

・H16n+1

・最速ラッキー抜き

・余りD

 

 先述した4体では、フェアリースキンハイパーボイスの一貫性が高すぎるため、それに対抗できるポケモンを探しました。その結果、ほぼ全てのニンフィアを受けられるポケモンとしてヒードランを採用しました。

 型は、瞑想ニンフィアに勝ちたかったので挑発型を採用。鬼火は、後出ししてくる物理に当てることで、サイクルを有利に進められる技でもあります。

 

f:id:mokugyo327:20160502220430j:plain

ガブリアス@拘りスカーフ

特性:鮫肌

性格:意地っ張り

実数値:183-200-116-x-105-154

努力値: A252 B4 S252

技: 逆鱗/地震/エッジ/ドラゴンクロー

 

 補完枠、ゲッコウガが重いので、そこに対抗しつつ、ついでに電気の一貫を切る枠として採用しました。

 ドラゴンクローは、気軽に打てる龍技が欲しかったので採用、正直身代わりを貫通できるダブチョの方が良かったと思います。

 

〔雑感〕

 このパーティーは、ガルーラの項でも書いたように、「ガルーラ軸のサイクルパを組んでみたい!」という思いから組み始めたものです。

 ただ、実際にこれでサイクルを回せるか、と言われるとそううまくは行かず、サイクルを回しきれずに負ける、ということもよくありました。

 また、サイクル構築を使って身についた「3体で相手の6体を誤魔化す」という癖が原因で、どうしてもガルクレセボルト、という選出ばかりしてしまい、他の3体を余り選出できませんでした。その点も大きな反省点です。

 特にガブリアスに関してはサイクル脳の弊害が出ており、「龍技も地面技も一貫してないから出せない」と短絡的に考えてしまうことがよくありました。そのため、スカガブをほとんど選出できませんでした。

 そういう体たらくなので、レートも伸び悩みました。例えば、1600帯スタートにもかかわらず、3時間潜って8しか上がらなかった時があり、その時は流石に危機感を覚えました。

 並び自体は強そうですし、「ガルーラ入りサイクル」の出発点としてガルクレセを選んだのも間違ってないとは思うんですがね......

 思うに、こうなってしまったのは、「ガルーラの取り巻きにはサイクルに不向きなポケモンが多いから」だと考えられます。ガブリアスがその最たる例ですね。

 そう考えると、ガルーラ軸でサイクル構築を組むのは、マンダ軸を組む以上に難しいのかもしれません。マンダの方は、相性のいい奴を集めれば自然とサイクルパになりますから...... マンムーとかナットレイとか......

 結局、このパーティー自体は、FFの方から「テンプレを使った方がいい」とアドバイスを頂いた事もあり、解散する事にしました。

 S15はまだ2週間ありますので、もう少しだけ足掻いてみようと思います。

 何かありましたらコメント欄、もしくはTwitter @mokugyo327 まで。