読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

マンダと組ませるメガ枠

f:id:mokugyo327:20160318143836j:plain

 今回は、マンダを使うにあたり、「マンダの裏エース」として採用するメガ枠について、使用感をまとめておこうと思います。
 

f:id:mokugyo327:20160317125323j:plain

 

 前回の記事でも登場した昆虫。

 マンダの裏エースとして採用する場合、「クレセリアカバルドンスイクンなどの高耐久ポケモンを崩せる格闘枠」という扱いになります。

 使用感は上々といったところで、受け辛さは流石、ボルトロスにも突っ張れる点が優秀でした。

 ただ、マンダが隙を見せる相手のうち、ゲンガーに勝てないのが大きな欠点といえます。使う場合、S操作役とセットで採用する事になりそうです。

 

 ☆ゲンガー 

f:id:mokugyo327:20160317125901j:plain

 

 最強クラスのメガ枠であり、汎用性の塊。

 マンダの裏エースとして採用する場合、「対ガルーラ性能を補強できる」点がセールスポイントでしょうか。

 ご存知の方も多いと思いますが、マンダにはガルーラをワンパン出来る打点が無い為、最低一回はガルーラを受ける必要があります。

 その際、ガルーラにある程度後投げがきき、なおかつ道連れによる1:1交換が可能なゲンガーは有用に見えます。

 ただ、マンダ共々ボルトロスに隙を見せてしまうのが大きな問題であり、採用する場合は電気受け枠(マンムーなど)とセットにしたいです。

 そういう思考から出来上がったのがマンダゲンガーマンムースイクンという並びなのでしょう。

......当たり前の事しか書いてないですね......

 

f:id:mokugyo327:20160317125339j:plain


 最近、減少傾向にある(らしい)リザードン

 このポケモンは、電気耐性がある為、全ての電気に対抗出来るのが強みです。かつ、ニトロチャージによってゲンガーやゲッコウガの襷を潰しつつS関係を逆転される事が出来ます。

 ただ、だいたいのガブリアスに対して勝てないのが欠点であり、またガルーラにも打ち負けます。

 この為、ガルーラスタンに対して通す駒になれないのが厳しいところです。


バシャーモ

 

f:id:mokugyo327:20160317125932j:plain


 なんだかんだで、結局このポケモンに回帰してくる、そういうレベルでマンダと仲が良いメガ枠です。

 このメガ枠の場合、バシャーモ側・ボーマンダ側双方向の補完関係があると感じています。

 マンダの側から見ると、バンギ・ポリクチに強く、ゲッコウガやゲンガーに抗えるポケモンとして位置付けられます。

 一方バシャーモ側から見ると、バシャーモが勝てないファイアローボーマンダが強く、なおかつ型次第でカバルドンクレセリアも突破可能なポケモン、とみなす事ができます。

 この、双方向のシナジーこそ、バシャーモボーマンダの2メガ構築で結果を残される方が出続けている理由なのでしょう。

 ただ、欠点があるとすれば、マンダ共々ボルトロスに弱いので、構築単位でボルトロスが重くなりやすいところでしょう。


 随時加筆予定。