読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

メガヘラクロス側から見た対ゲンガー

 f:id:mokugyo327:20160302150505j:plain

皆様こんにちは、木魚でございます。

 今回は、とあるブログを読んで深く共感しため、その時考えた事をまとめておこうと思います。

 先日、こちらの記事で、このような文言を目にしました。

 

nadekomirror.hatenablog.com

 とりあえず言えるのはヘラの大敵はアローやマンダではなくゲンガーでそれをどう処理するか。

この言葉に共感し、ではなぜヘラの大敵はゲンガーなのか、そしてそれに対抗するにはどうすればいいのか考えてみた次第です。

 

 そもそも、ヘラがゲンガーに勝てない原因としては、(1)道連れにされる(2)鬼火で燃やされる(3)素催眠の起点にされる などが考えられます。

 しかし、対面から勝てない相手はゲンガーだけではありません。マンダやアローにも勝てません。

 では、なぜ「ヘラの大敵はマンダやアローではなくゲンガーだ」と言えるのか。

 それは、ゲンガーの持つ崩し性能によって、ヘラの強みを殺せるから、と考えられます。

 私がヘラを使ったり相手取ったりして思うに、ヘラの強みとして「サイクル戦において、相手に安定択を与えない」事が挙げられます。

 例えばヘラとナットレイが対面していて、ナットレイの裏にマンダがいる場合。

  ナットレイ側からすると、「ナットレイはインファで縛られているのでマンダに引きたいが、ロックブラストを選んでいた場合マンダが死ぬため、引くのもリスクがある」という状況に陥るのです。

 このように、ヘラはその火力と範囲によって、有利対面時、常にヘラ側有利の択を押し付けられる、と言う強みがあります。

 しかし、ゲンガーの場合これを無視できてしまいます。

 なぜか。交代読みの技でも落としきれず、なおかつヘラとゲンガーが対面すると、ほぼ確実に1:1交換以上のアドバンテージを取られてしまうからです。

 特にメガゲンガーの場合、影踏みがあるために交代が物理的に不可能です。その上、メガ読み地震などで突破しようとしても、鬼火や催眠術を持っていた場合、それが安定択になってしまう、と考えられます(命中率の問題はともかく)。

 このように、ゲンガーの場合、ヘラに対してもある程度の安定択を確保出来てしまうので、「ヘラの大敵はゲンガーである」と言えるのだと考えています。

 では、どうやってゲンガーの処理ルートを作るのか。

 私が考えたのは

(1)ゲンガーに有利な裏エースを用意する

(2)麻痺を撒く

 と言う2つです。

(1)の方法で処理できそうなポケモンとしてはメガリザードンXメガバシャーモ・慎重メガボーマンダなどが挙げられます。

 ただし、こちらの方法を採用した場合、「ゲンガー+エースを明確に止めるポケモン(バシャーモの場合ゲンガー+マリルリ、など)」という並びと当たった場合、苦しい戦いになる、という欠点が挙げられます。

(2)の方法で処理できそうなポケモンとしては、クレッフィ・HDポリゴン2・穏やかサンダーなどが考えられます。

 しかし、こちらの方法を選んだ場合、結局後手に回っていることと、そもそもそう簡単に麻痺を撒かせてくれない事が課題になりそうです。


 以上の内容をまとめると、「ヘラの大敵はゲンガーだと言えるのは、ゲンガー側がヘラに対して安定択を確保出来てしまうからだ。そしてそれに対抗するには、裏エースを用意するか、麻痺を撒くという方法が考えられるものの、いずれの方法にも欠点がある」という結論になります。

 

質問や反論がありましたら、コメント、もしくは@mokugyo327まで。