エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

TOP

f:id:mokugyo327:20151101160735j:plain

ポケ勢らしく(?)ブログを初めてみました。

暇潰し程度に読んでいただければ幸いです。

〔過去の構築〕

【USM】

【USM・S8使用構築】マンダロイドサザン 

【USM・第1回ホズラッシュ使用構築】マンダロイド+カバゲンガー

【USM・S7使用構築】リザYグロスにボルトランドを添えて 

【SM】

【SM・S6使用構築】バシャカバグロス -

【SM・第2回からきおす杯ベスト8】友情カバロイドver2 

【SM・S5使用構築】ガルミミガッサ 

【S4使用構築】マンダグロスとレヒレベトン 

【構築草案】マンダレヒレベトン(催眠ゲンガーメタ)

【S3使用構築】マンダナットにカバロイドを添えて 

【S2使用構築】岩石封じヒードラン入りマンダナットスタン 

 【S1使用構築】土地神と筋肉とマンダマンムー 

 

ORAS

【S17使用構築】ヘラマンダサイクル・終 

S16の更に焼き増し S17のサブロムで使用

【S16使用構築その2】初めての受けループ 

受けル S16のメインロムで使用

【S16使用構築】ヘラマンダ軸脳筋サイクル・改 

S14の焼き増し S16のサブロムで使用

【ジョウトオープン使用構築】イノムドーサイクル

タイプ受けサイクル ジョウトオープン使用

【S15使用構築】ガルクレセ

初めてのガルーラスタン CDG4

【S15爆死構築】3度目のマンダマンムー(反省用記事)

【構築草案】ガルクレセマンダニンフィア 

【S14使用構築】ヘラマンダ軸火力ぶっぱサイクル 

ヘラクロス入り S14使用構築

ブラッキーマンダマンムー草案 

ブラッキー入り受け回し

【S13使用構築】慎重マンダとバシャナットサンダー 

サイクルバシャマンダ S12終盤・S13使用構築

【からりん杯&S12使用構築】ポンコツマンダゲンガー(反省用記事) 

だらだらぐるぐる からりん杯ベスト32、S12中盤使用

【S12序盤使用構築】コバルマンダトドン 

受け回し?S12序盤使用

【S11使用構築】バシャマンダニンフスイクン 

サイクルスタンっぽい何か

  【構築草案】霊獣式ボルトバシャガルド 

同じくサイクルスタンっぽい構築案

 

〔単体考察〕

【SM】

テッカグヤを崩すルート 

【宿り木テッカグヤ意識】電気Z草ロトムの調整案 

【ポケモンSM】岩石封じメガボーマンダ 

両刀メガバシャーモの調整案 

【ポケモンSM】炎Zヒードランの調整案 

【ポケモンサンムーン】オボンウルガモスの調整案 

HDバンジテッカグヤの調整案 

コケコ意識のHDメガボーマンダ 

AD珠マンムーの調整案

マッシブーンの調整案 

 

ORAS

守るメガマンダに関する考察 

 叩きメガバシャーモについて 

チョッキ霊獣ボルトロスの調整案 

 

〔コラム〕

メタを考える時の仮想敵 

採用理由 

「理解」と「納得」~嫌いなポケモンの記事を見た時の対処法~ 

「勝つ」動きと「負けない」動き 

「切る」行為について 

瞬発力と持久力 

構築記事を書くうえで 

感銘を受けた言葉 

レートが溶けた時の対処法 

「雑魚は黙ってろ」という風潮について 

相手批判について 

クレッフィについての主観 

今マンダ軸を組むのであれば 

構築を弄るということ 

【USM・リンク集】滅びゲンガー入り構築記事まとめ

f:id:mokugyo327:20180414130822p:plain

 本記事では、USMにおいて「滅びの歌」持ちメガゲンガーを採用した構築記事へのリンクをまとめました。

 なお本記事のリンクは全て無断転載ですので、問題があればコメント欄もしくはTwitter@mokugyo327までご連絡下さい。

続きを読む

【反省】スマブラ自滅集

f:id:mokugyo327:20190212230842j:plain

 スマブラSP(とSwitch)を購入して以来、すっかりスマブラにはまっている木魚です。

 最近はオンライン対戦にも挑戦しているのですが、戦闘力は20万に乗せるのがやっとという体たらく。

 試合内容を振り返ってみると、「自滅」という腕以前の問題で負けている事が多い事がに気づきました。

 そこで今回は、反省の為に主な自滅要員を記録しておきます。

 なお私はゼロスーツサムス(以下ゼロサム)を主に使っております。

 

自滅(1)横必殺技と下必殺技を押しミスして落下

 1番よくやらかすミス。ゼロサムの場合、下必殺技を使うと横に大きく移動しながら落下していくため、落下先に足場がない場合ほぼ確実にバーストします。

 一方で、どうも私は左スティックの入力が雑らしく、結果として意図しない技を出してしまう事が良くあります。

 さらに悪い事に(?)、私はゼロサムを使う時、横必殺技を多用する傾向があるので、結果として「横+B」という入力を頻繁に行う事になります。

 これら3つの要素が重なった事で、「横Bと入力したつもりが下Bと入力されてしまい、意図せずして下必殺技が頻繁に出てしまう」という事象が多発しております。

 結果、例えば崖際で横必殺技を使うつもりだったのに下必殺技が出てしまい、落下してしまう事が頻発しております。

 相手から見れば「突然自分から飛び降りる」という奇行にしか見えないでしょうね......

 2-3試合に1回はやらかしており、勝敗に直結した試合も少なくありません。反省。

 

自滅(2)飛ばされた後、上必殺技を出そうとしたが左スティックの入力が間に合わず、結果復帰し損ねる

 これも頻繁にやらかすミス。

 足場の下に飛ばされた後、通常なら上必殺技で復帰出来る場面でも、「入力したつもりで入力できていない」というミスが原因でバーストしてしまう事がありました。

 特にAボタンとBボタンを押し間違えていた事に気付いた時は愕然としました。いくらなんでもポンコツすぎる。

 

自滅(3)空中下攻撃で足場の隙間を縫って落下

 これは上に飛ばされた時にやらかしたパターン。復帰したいと焦るあまり、空中下攻撃で着地しようと試みる事がよくあります。

 この時、間合いを測り間違えて足場の隙間を通過してしまい、そのまま落下してしまう事が複数回ありました。

 やっぱり突然飛び降り始める変な奴にしか見えないじゃないか......

 

 こうやって検討する限り、これらのミスは自分の思う通りにキャラを動かせていない事と、復帰のパターンについて無知すぎる事が原因だと感じます。

 前者については、特に左スティックの使い方を中心に練習した方がいいのかもしれません。

【USM・リンク集】グロスヒトムレヒレ構築記事まとめ

f:id:mokugyo327:20181127215713p:plain

 最近、メタグロス軸を模索していてもうまくいかないので、先行研究を調べるべく、グロスヒトムレヒレ軸の構築記事をまとめました。

 なお本記事のリンクは全て無断転載ですので、問題がありましたらコメント欄、もしくはTwitter@mokugyo327までご連絡下さい。

続きを読む

【USM・構築草案】カバマンダポリ2

f:id:mokugyo327:20190129180710j:plain

 生存報告を兼ねて、現在取り組んでいる構築草案を書き留めておく。


〔採用経緯〕

 以下の経緯で採用を決めた。

(1)ほぼ全てのゲッコウガに後投げ可能なHDポリゴン2に着目

(2)ポリ2が隙を見せるバシャ・グロスクチートなどの物理対策としてカバルドンを採用

(3)この2体で捌き切れない崩し枠(特にルカリオカミツルギなど)へ対抗する枠としてマンダを採用


〔個別考察〕

f:id:mokugyo327:20190129214635p:plain

ポリゴン2@進化の奇石

特性:アナライズ

性格:生意気

実数値:191-100-113-125-160-72

努力値:H244 B20 D244

確定技:恩返し/自己再生

選択技:冷凍ビーム/放電/毒毒

調整:

・H-B:A147ゲッコウガの珠けたぐり2耐え

・余りD

 今回の出発点となったポケモンゲッコウガに比較的安定して投げられる枠として採用。水Zゲッコウガに役割破壊されたくなかったので型はHDベースを選択した。

 メイン打点の恩返しと自己再生は確定として、残り2枠は悩みどころ。

 現在は水に抗う放電と耐久ミラー意識の毒で試運転しているが、固い受けを切るならグライランド意識で冷Bを採用した方が使いやすいかもしれない。

f:id:mokugyo327:20190129215005p:plain

カバルドン@ゴツゴツメット

特性:砂起こし

性格:腕白

実数値:215-132-187-x-93-67

努力値:H252 B252 D4

技:地震/氷の牙/毒毒/怠ける

 毎度お馴染みゴツメカバ。ポリゴンがバシャやクチートに隙を見せるので、そのケアとして採用。龍舞マンダにも1:1以上を取りたいので牙と毒を両採用。


f:id:mokugyo327:20190129215032p:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性:威嚇→スカイスキン

性格:陽気

実数値:175-195-150-x-111-185

努力値:H36 A236 D4 S228

確定技:捨て身タックル/身代わり/羽休め

選択技:地震/毒毒/龍の舞

調整:

・H:16n-1

・S1段階下降時に準速ガッサ抜き

・メガ前DL対策、余りA

 1番不確定要素の多い枠。カバポリでは特殊ルカリオカミツルギグライオン辺りが厳しいので、対策枠として採用。

 特にルカリオを後投げから倒せるのはありがたい。

 型は、ルカリオを安定して倒したい事と、CSだとHDグライオンを倒せない事からAS捨て身型を選択。グライ意識で身代わり羽休めを搭載した。

 ただラスト1枠を決めきれない状況、特にグライオンの裏に居るポケモンを想定して決めたいところ。


〔残り3枠に求める要素〕

 以上3体を踏まえた上で、残り3枠で確保したい要素としては以下の要素が挙げられる。

(1)展開系への対策

 この3体では積み技を積まれた局面で切り返しを行う事が難しいので、対応策を考えておきたい。

 特に欠伸展開に対する耐性が0なので、何らかの回答が欲しい。


(2)マンダが通らない相手を崩すルート

 具体的な所としては

・鋼全般(特にテッカグヤギルガルド)

・固い受け回し(というよりグライオン+マンダ受けの並び)

辺りが挙げられる。

 上記3体は崩しが乏しいので、残りの枠で補強したい。


(3)耐久水の処理ルート

 カバは言うまでもなく、ポリ2やマンダも瞑想や熱湯、冷凍ビームを考えると水に有利とは言い難い。

 (1)もしくは(2)の役割を兼ねられるようにしたい。


(4)その他個別の対策

剣舞ガブリアス

 試運転で遭遇して振り回されたポケモン

 物理受けをカバに依存しているため、役割集中が起こりやすいので厳しい。


オニゴーリ

 サイクル構築の宿敵。この構築相手でもやりたい放題である。

 ただ割と専用の対策が求められる(気がする)ので、潔く諦めるのも一考。


 7世代が終わる前に、もう1本くらいは当たりの案を引きたいものである。

2019年の目標

f:id:mokugyo327:20190101223236p:plain

 明けましておめでとうございます。木魚です。

 今回はお正月という事で、今年の目標を書き記すこととします。

 

(1)失踪しない

 今回の記事を書くにあたってブログを読み返してみたところ、前回の記事から2週間も経過しておりました。

 こうなった理由はスマブラにハマりすぎて、ポケモンについて考える時間が減っていたからであります。その事そのものに後悔はありませんが、かと言ってこのままこのブログに広告が出てしまうのも惜しいものがあります。

 ブログを書く習慣が完全に無くなり、危機感すら覚えなくなってからでは取り返しがつかないので、広告が出る前に、今一度定期更新の習慣を取り戻す事を目標にします。

 具体的言うと、今後は週1のペースで記事を更新する、という目標を立てて、再出発するつもりであります。

 

(2)新しい構築を組む

 7世代に入ってから今まで自分が組んだ構築の中で、気にいったと言える並びは以下の1つしかありません。

mokugyo327.hatenablog.com

 このパーティ、基盤はサンムーン時代のS3に使った並びであるので、足掛け2年弱もの間同じ並びを使い続けていた事になります。

 確かに、構築を組むには時間がかかるので、1世代の間に1つでも気に入った並びと出逢えただけでも幸せなのかもしれません。

 しかし、新しい事を始めたいという思いがあるので、もう1つ、新しい並びを自作したいと思う事頻りです。

 具体的には、前々からHBゴツメカバ+HDポリ2+メガボーマンダの3体を軸に受けサイクルを考えているので、これを完成させたいものです。

 

(3)ポケモン以外の記事を書く

 今ではポケモンブログとなっておりますが、私のスタンスとしてはゲーム全般を取り扱うつもりであります。一時期ポケモンGOの記事を書いていたのもゲーム全般を取り扱うブログというスタンス故です。

 今後は、ポケモン以外の記事も書く事で、ネタの幅を広げていきたい次第です。

 例えば、冒頭でも触れたスマブラについて、記事を書いてみたいです。

 今は、難易度「難しい」の状態をキープしたまま灯火の星達成率100%を目指す、という企画を進行中であります。可能ならば、これも記事に出来ればと考えております。

 

 簡単ではありますが、以上をもちまして、新年のご挨拶とさせていただきます。

 今年も「エンジョイ勢がなんか言うだけ」を宜しくお願い致します。

【ポケモンSM】ナットレイ側から見た、「相手にやられると辛い」行動

f:id:mokugyo327:20170927071619p:plain

 Twitterツイキャスを見ていると、「ナットレイ嫌い!」という趣旨のコメントを見かける。

 そこで、今回はナットレイに手を焼いている方に向けて、ナットレイ使用者側から見た「されたくない行動」をまとめてみた。

 なお本記事で取り上げるナットレイの配分はHDベースで、持ち物は食べ残しとする。

 

〔されると辛い行動集〕

☆拘りトリック

 最近増えてきたので加筆。

 ナットレイは宿り木+守るやステロなどの補助技を多用するポケモンなので、1つの技しか選択できなくなる拘りトリックを受けると機能停止する。

 特にこれはレヒレや水ロトムなどの役割対象から飛んでくる恐れが高いので、本来の仕事を果たせないまま起点にされて負け、といった展開になりやすい。


☆ミラーマッチ

 正直1番辛い。

 こちらからはほぼ何も出来ないので、相手のナットレイがミラーに強い型だった場合一方的に負ける。お互い有効打がない場合はどうしようもない泥仕合となりそれはそれで辛い。

 

☆身代わり(+積み技)

  非常にしんどい。

 メインの回復ソースたる宿り木を遮断されてしまうので、身代わりを割るためだけに1ターン割かないといけないのがきつい。

 稼がれたターンで積み技を積まれて、裏まで一貫するようになってしまうと一気にナットレイ側の負けが近づいてしまう。

 

☆一撃技

 鋼技や草技で弱点をつける相手を除けば、基本的にナットレイは遂行速度が遅い。

 その為一撃技の試行回数を稼がれやすい点が怖い。

 グライオンオニゴーリのように身代わりと組み合わせるとなお良し。

 

☆催眠術

 低速ポケモンの宿命。

 当然ながら、当てられると何も出来なくなる上、遂行速度が遅いせいで多くの場合2回以上試行回数を稼がれるのが面倒臭い。

 

☆鬼火

 地味に嫌な技その1。残飯を実質帳消しにされる上に、ジャイロやウィップの火力も半減される点が嫌。

 似たような理屈で、熱湯持ちの相手をするのも精神衛生には良くない。

 

☆はたき落とす

 地味に嫌な技その2。残飯を帳消しにされるどころか没収されるので、回復力が大幅に落ちる。

 宿り木で1ターンにつき20回復するとしても、宿り木→守るの2ターンで22、このサイクルを2回繰り返せば44、実に1/4もの回復量を損する事になる。そのため地味に嫌。

 

☆めざ炎

 ナットレイ対策として真っ先に挙げられるであろう手段。

 確かに、炎打点を受けると、ナットレイといえどもゾンビ性能を発揮する前に倒れてしまうので、炎技を受けたくはない。

 ただし、めざ炎を採用しただけで、ナットレイを対策した気になるのは不十分である。

 理由は単純で、大抵のめざ炎は耐えつつ、宿り木+守る等で切り返せるからである。

 例えば、アシレーヌにめざ炎を撃たれたとしても、1/3ほどHPが残るので、返しに宿り木を当ててしまえば宿り木→守るで60以上回復出来てしまう。

 そうなれば、次のめざ炎も耐えられつつ、返しのジャイロ+守るでアシレーヌを処理され、結局仕事を果たされてしまう、というわけである。

 やるなら、テテフのメガネめざ炎レベルの高火力で倒し切るか、宿り木+攻撃技で切り返されないようにしたい。

 ちなみにこれらの条件を両方満たせるポケモンとしてゲッコウガが挙げられる。

 ゲッコウガなら、一致めざ炎で残飯+宿り木+守る込みでも2発で落とせる。ゲッコウガの役割破壊性能って凄いな......

 

 以上を纏めると、ナットレイを対策するなら、「ナットレイ自身を直接崩すよりも、ナットレイを起点にして裏から崩す」という方針で臨むのが良いと考えられる。

 

 随時加筆予定。