エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

TOP

f:id:mokugyo327:20151101160735j:plain

ポケ勢らしく(?)ブログを初めてみました。

暇潰し程度に読んでいただければ幸いです。

〔過去の構築〕

【SM】

【S2使用構築】岩石封じヒードラン入りマンダナットスタン 

 【ポケモンSM・S1使用構築】土地神と筋肉とマンダマンムー 

ORAS

【S17使用構築】ヘラマンダサイクル・終 

S16の更に焼き増し S17のサブロムで使用

【S16使用構築その2】初めての受けループ 

受けル S16のメインロムで使用

【S16使用構築】ヘラマンダ軸脳筋サイクル・改 

S14の焼き増し S16のサブロムで使用

【ジョウトオープン使用構築】イノムドーサイクル

タイプ受けサイクル ジョウトオープン使用

【S15使用構築】ガルクレセ

初めてのガルーラスタン CDG4

【S15爆死構築】3度目のマンダマンムー(反省用記事)

【構築草案】ガルクレセマンダニンフィア 

【S14使用構築】ヘラマンダ軸火力ぶっぱサイクル 

ヘラクロス入り S14使用構築

ブラッキーマンダマンムー草案 

ブラッキー入り受け回し

【S13使用構築】慎重マンダとバシャナットサンダー 

サイクルバシャマンダ S12終盤・S13使用構築

【からりん杯&S12使用構築】ポンコツマンダゲンガー(反省用記事) 

だらだらぐるぐる からりん杯ベスト32、S12中盤使用

【S12序盤使用構築】コバルマンダトドン 

受け回し?S12序盤使用

【S11使用構築】バシャマンダニンフスイクン 

サイクルスタンっぽい何か

  【構築草案】霊獣式ボルトバシャガルド 

同じくサイクルスタンっぽい構築案

 

〔単体考察〕

【SM】

HDバンジテッカグヤの調整案 

コケコ意識のHDメガボーマンダ 

AD珠マンムーの調整案

マッシブーンの調整案 

ORAS

守るメガマンダに関する考察 

 叩きメガバシャーモについて 

チョッキ霊獣ボルトロスの調整案 

〔コラム〕

 

構築記事を書くうえで 

感銘を受けた言葉 

レートが溶けた時の対処法 

「雑魚は黙ってろ」という風潮について 

相手批判について 

クレッフィについての主観 

今マンダ軸を組むのであれば 

構築を弄るということ 

【宿り木テッカグヤ意識】電気Z草ロトムの調整案

 f:id:mokugyo327:20170727184729p:plain

 今回は、宿り木テッカグヤに役割を持たせるべく、電気Zを持たせた草ロトムについて考察します。

 

〔型紹介〕

ロトム@電気Z

特性:浮遊

性格:控えめ

実数値:138-x-126-172-127-125

努力値:H100 C252 D4 S148

技:10万/ボルチェン/リフスト/身代わり

調整:

・C特化、H203-D168テッカグヤをZ10万で確定

・最速テッカグヤ抜き

・DL対策、余りH

 

 テッカグヤに不利対面を取った時、宿り木を撃たれるのが余りにも鬱陶しかったので、それに役割を持たせるべく考察した草ロトム

 今回求めた条件は、

(1)宿り木が効かない

(2)地面を呼ばない(電気でケアする場合)

(3カグヤより速い

(4)カグヤを2ターン以内に処理出来て文字で死なない

という4点です。

 (1)の条件は宿り木守る展開が鬱陶しいため、(2)の条件はZ技を無効化されてディスアドバンテージを背負う事が無いように、(3)も身代わりカグヤにZ技をすかされない様にしたかったから、(4)は返り討ちに合わない様にするため、という理由で設定しました。

  (4)の条件について補足すると、宿り木を無効に出来るのは草タイプと草食持ちのいずれかに該当するポケモンですが、後者のポケモンで耐久特化型のカグヤを2ターン以内に倒せそうなポケモンはほとんどいなかった(強いて言えばヌメルゴンくらい)、という事情があります。その為、カグヤを2ターン以内に処理出来そうでかつ宿り木を無効に出来る、という条件を満たせるポケモンの候補が草タイプに絞られてしまい、炎技について考慮せざるを得なくなった、という訳です。

 さて、話を戻すと、(1)~(4)の条件を検討した結果、これらの条件を満たすポケモンとして見出したのが草ロトムである、という事です。

 持ち物として電気Zを持たせる事で、HDカグヤも電気Z10万で処理出来るだけではなく、後続にいる電気対策枠をも崩す事が出来るようになる、と考えました。

 例えばステロ+ボルチェン+Z10万でウツロイドを処理する事ができます。

 技構成については、コンセプトの10万と、カグヤと対面した際に対面操作が可能になる電気技としてボルチェン、地面に役割を持つためのリフストの3つを確定としました。

 身代わりは、カグヤと対面した際に択ゲーを先延ばしに出来る技として採用しました。身代わりが無い場合、Z技警戒の守るに素10万やボルチェンを合わせるか、それ以外の技を押すと読んでZを撃つか、という択ゲーになってしまいます。

 それに対し、身代わりがあれば、最悪でも身代わりが割れるだけ、守るに合わせられればZ10万だけでなく、10万2発でもカグヤを処理出来るようになり、アドバンテージを稼ぎつつ択ゲーを先延ばしに出来る、という訳です。

 これらの調整を施す事で、宿り木テッカグヤに対して、宿り木守るを展開させる事なく倒せる、と考えました。

 以下、シミュレーションしてみます。

 

vsHDカグヤ

 Cラインの仮想敵。交代際の宿り木を無効にしつつ、10万→ヘビーボンバー→10万、という流れで処理出来ます。

 守るを嫌う場合、それ読みで身代わりを貼って更にアドバンテージを稼ぐ事も可能であり、交代を警戒するならボルチェンで対面を操作して有利対面を維持する事も出来ます。

 交代するタイミングで身代わりを貼られてしまった場合でも、ヘビーボンバーを耐えるので、10万で身代わりを破壊→ボンバー→Z10万、という流れで殴り勝てます。


vsHBカグヤ

 HDカグヤの場合と同様に、上から10万→ボンバー→10万、という流れで処理出来ます。


vsHSカグヤ

 Sラインの仮想敵、最速テッカグヤも抜いているので、交代際に身代わりを貼られてしまったとしても、10万で身代わりを破壊→ボンバー→Z10万、という流れで処理出来ます。


 以上の様に、宿り木守るテッカグヤに対しては交代際に身代わりを貼られても殴り勝てる事がわかります。

 裏に置くポケモンについても触れておくと、相性のいい味方としてはゲンガーが考えられます。このポケモンは技範囲の問題で、カグヤの裏にいるフシギバナをどうしても崩せません。そこでゲンガーを採用しておく事で、バナバック読みボルチェンからバナをキャッチして崩す、という勝ち筋を狙えるようになる、と考えています。

 一方で、このロトムはアタッカー型のカグヤ(特にニトロチャージ持ち)に対しては不利であるため、宿り木テッカグヤに役割を持ちつつ、アタッカー型をケアする方法について考える事が今後の課題であると考えています。

「理解」と「納得」~嫌いなポケモンの記事を見た時の対処法~

 f:id:mokugyo327:20170722145617p:plain
 ポケモンをやっていると、自分とは全く違う価値観に基づいて採用されたポケモンを目にする事もあるかと思う。
 例えば自分の場合、催眠ゲンガーやオニゴーリについてはどうしても今自分が持っている価値観とは相容れないものがあると感じている。 
 そのような場合に、自分がどのように対応しているか共有させていただきたいと思う。
 なお本記事の内容は、実生活で自分と全く違う価値観をお持ちの方と接した場合にも応用できると思う。
 これについてよくある主張は「一旦異なる価値観を受け入れよう!」という事だと考えられる。本記事も要約するとそのような内容にはなるのであるが、それだけで終わらせず、具体的な方法論に踏み込んで説明していく。
 さて、ここから具体的な方法論に移る。
 PC上で、フォルダーが並んでいる状況をイメージしていただきたい。私は他の方からお話を伺う際、頭の中で、「理解」というフォルダーと、「納得」というフォルダーの2つをイメージして聞くことを心掛けている。聞いた話や読んだ話は一旦全て「理解」というフォルダーに入れて受け入れた上で、同意出来たものや共感できたものについては「納得」のフォルダーに移し行動に反映させる、というやり方で、他の方とコミュニケーションを取ると良いのではないか、と考えている(ただし、いわゆる「真面目な話」に限る、雑談中はこの限りではない)。
 つまり一旦は全て受け入れた上で、同意出来たものについてだけ自分の行動に反映させる、という事である。
 この方法には、関係性におけるメリットと、自分にとってのメリットの両方がある。
 前者のメリットは、「相手と角が立ちにくい」という事である。相手の価値観や意見を一旦受け入れた上で対応している事になるにで、相手に「一方的に拒否された」という感じを与えにくい。そのため、角が立ちにくい、と考えられる。
 後者のメリットとは、「価値観を広げられる上に、自分自身の価値観を曲げる必要もない」という事である。
 一度理解して受け入れているので、それまでの自分になかった価値観を得る事が出来る上に、行動に移すかどうか、という部分と切り分けて考えているので、自分の価値観と相入れない行動を取る必要もなくなる、という事である。

 結局のところ、本記事の内容は概ね「相手の話を一旦理解しよう!行動に移すかどうかは別なんだから、頭の中でフォルダーをイメージしよう!」という2文に集約される。
 どうしても嫌いなポケモンのことが我慢ならない、という方は一度「頭の中でフォルダー分けする」という事を実践してみてはいかがだろうか。

【ポケモンSM・S4使用構築】マンダグロスとレヒレベトン

f:id:mokugyo327:20170715230953p:plain

 皆様S4お疲れ様でした。今回は、私がS4にて使っていた構築を紹介いたします。

 

〔構築の経緯〕

 日頃からお世話になっている某氏が、「環境に毒羽マンダが刺さっているから使いたい。その場合ミラーは鋼のアタッカーで対策するのが良さそう」と呟いていたのを見て、組み始めた並びです。

 具体的には、毒羽マンダに、マンダ軸ミラーに圧力をかけやすい冷パンメガメタグロスを組み合わせたところから出発しました。

 その後、マンダと同時選出する「鋼枠」の代わりとしてベトン、電気の一貫を切りつつバンギやクチートの受け出せるゴツメ枠としてカバ、メガギャラストッパー兼崩し役としてレヒレを採用。

 最後の1枠は迷走しましたが、最終的には水と鋼を両方崩せる枠として格闘Z霊獣ボルトロスに落ち着き、現在の並びが完成しました。

 その後、各ポケモンに微調整を施したものが当記事で紹介する並びです。

 

〔個別紹介〕

f:id:mokugyo327:20170715231950p:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性:威嚇→スカイスキン

性格:陽気

実数値:181-186-150-x-111-189

努力値:H84 A162 D4 S252

技:捨て身タックル/地震/身代わり/羽休め

調整:

・H-B:A182ガブリアスの岩石封じを身代わりが威嚇込みで最高乱数切り耐え

・最速

・余りA(CSリザYが捨て身で確定)

  今回もまた懲りずにこのポケモンから組み始めました。本構築ではバナの処理やルカリオのストッパーを担当します。

 型は当初毒羽型だったのですが、それではあまりにも鋼に対する打点が乏しすぎて使いにくかったので、補完に優れた地震に変更しました。

 が、いざ回してみると後述するメタグロスの選出が増え、このマンダはあまり活躍出来ませんでした。ルカリオのストッパーを他に見つけた上で、リザXなどの対鋼・電気要員に切り替えた方が良かったのかもしれません。

 

f:id:mokugyo327:20170715232324p:plain

メタグロス@メタグロスナイト

特性:クリアボディ→硬い爪

性格:陽気

実数値:155-197-170-x-131-178

努力値:A252 D4 S252

技:アイアンヘッド/バレットパンチ/岩雪崩/冷凍パンチ

 マンダ軸ミラーをメタる枠。技構成もマンダ軸を意識したものです。

 冷凍パンチはマンダ意識、アイへはマンムー対面で撃てるほか、取り敢えず削りつつあわよくば怯みを狙いたい時にも使える技です。岩雪崩は構築全体で重いガモスやリザYを迅速に処理出来る技として採用しました。

 メタグロスをまともに使ったのは初めてですが、技スペースが足りないと感じる事もままありました。採用理由上アイへと冷パンは確定としても、欲を言えばあと2枠に雪崩・草結び・雷パンチ・地震の4つ全部を詰め込みたかったです。

 反面きちんと一貫を取れた試合では堅実に制圧出来たので、補完として使うよりも軸として使うのが正解だったのかな、という印象です。


f:id:mokugyo327:20170715233709p:plain

カバルドン@ゴツゴツメット

特性:砂起こし

性格:腕白

実数値:215-133-187-x-92-67

努力値: H252 A4 B252

技:地震/氷の牙/毒々/怠ける

 毎度お馴染み(?)ゴツメカバ。S2から3シーズン連続の登板となりました。バンギやクチートに受け出せて、見た目上電気の一貫を切れるポケモンとして採用しました。

 技構成も普通ですが、今回はラスト1枠に毒を採用しています。これはカバミラーやクレセリアを崩したり、ロトムの後出しに少しでも負担をかける為のものです。ゴツメカバでそこまでやる必要があるのかというと、今回に限ってはあるので説明いたします。

 例えば、ガルガブゲンクレセドラン+1、という並びに対する選出を考えます。この場合、ゲンガー処理要員のベトンと、終盤のエースとしてマンダの2体は選出したいところです。この2体に加えて、クレセドラン意識でレヒレを出せるか、というとそれはガルーラに薄くなる為厳しく、大抵はそれらを意識したカバを優先します。

 つまり、このような場合カバマンダベトンの3体でクレセリアも崩す必要があるという事です。

 実際のところ、カバの毒はクレセを崩すだけでなく、受け出ししてくる耐久水を崩したい場面や、羽で粘ろうとするリザXを処理したい場面でも撃てます。そのおかげでカバの毒が刺さる場面は予想以上に多く、このカバも案外使いやすかったです。

 

 f:id:mokugyo327:20170715232121p:plain

カプ・レヒレ@オボンの実

特性:ミストメイカー

性格:図太い

実数値:175-x-183-115-150-108

努力値:H236 B252 S20

技:波乗り/ムーンフォース/自然の怒り/挑発

調整:

・H:16n-1で最大

・B特化

・余りS(4振りクレセリア+2)

  S1から皆勤賞となったレヒレ。このポケモンの主な役割は、

(1)地面(特にマンムー)の処理

(2)耐久ポケモンの崩し

(3)バシャやギャラを止めること

(4)状態異常封じ

という4点です。

 今回は、安定した火力を出せる水技として波乗りを採用。まずまずの使い勝手でした。

 また、今回は対地面をほぼレヒレに一任しており、負担が大きくなると予想されたことから、持ち物をオボンに変更しました。こちらも機能する場面が多く優秀でした。

 総じて非常に高性能なポケモン、というのが使った感想です。 

 強いて不満点を挙げるとすれば、流石にそろそろレヒレから離れて構築の幅を広げたい、という事くらいのものです。


 f:id:mokugyo327:20170715232257p:plain

ベトベトン@突撃チョッキ

特性:毒手

性格:意地っ張り

実数値:181-172-95-x-152-70

努力値:H4 A252 D252

技:はたき落とす/追い討ち/ダストシュート/影打ち

 今回の構築における誤魔化し枠。元々は、マンダ軸で選出する際の「鋼枠」としての役割と、追い討ちでゲンガーを狩る仕事を期待して採用しました。

 「鋼枠」というのはどういうことかというと、本構築においては「テテフに役割を持つ枠」という事です。

 そもそも、現在鋼ポケモンを採用する理由は龍の一貫を切りつつテテフに役割を持つを持つ事であり、前者の役割はレヒレがこなしてくれる以上、後者の対テテフ、という仕事を果たしてくれればそれで十分、という事になります。

 ならば、鋼タイプではないベトベトンでも、実質的には「鋼枠」として扱えるのではないかという事です。

 一方ゲンガー狩りの方は単純な話で、レヒレと合わせて催眠術などの搦め手を封じつつ、追い討ちでゲンガーを仕留めたい、という事です。

 このゲンガー狩りについてはこちらの記事でも紹介しておりますので、よろしければ合わせてご覧ください。

mokugyo327.hatenablog.com

 配分は、対テテフ・ゲンガーという仕事を果たすためにADぶっぱです。

 技のうち叩き落とすは、有利対面を取った時に安定択にしやすい技、ダストシュートはウルガモス等の起点を回避する技として採用しました。正直ダストシュートは毒づきでも良さそうです。

 使用感は非常に良く、役割対象に設定したテテフやゲンガーの他、マンダ軸で重くなりやすいゲッコウガやカプ・コケコにも殴り勝てる為、選出率も非常に高くなりました。

 

 f:id:mokugyo327:20170715232218p:plain

霊獣ボルトロス@格闘Z

特性:蓄電

性格:臆病

実数値:155-x-90-197-100-168

努力値: H4 C252 S252

技:10万ボルト/気合玉/めざ氷/悪巧み

 1番最後に入ってきたポケモン、「相手の鋼と水を崩しの起点にできるポケモン」 という役割を期待して採用しました。

 技構成も普通ですが、バナを崩せず苦しんだ試合があったので、今思えばめざ氷はサイキネの方が使いやすかったのかもしれません。

 配分についても、耐久力の低さが足を引っ張ったことがしばしばあったので、HSベースでの採用もありなのかもしれません。

 

〔選出パターン〕

  本構築には明確な選出パターンが無く、相手に応じて選出を考えます。

 並びとしてはレヒレベトン+1やカバレヒレ+1が多かったように思いますが、それも「選出パターン」と呼べるほどではありません。


〔厳しい相手〕

f:id:mokugyo327:20170715234340p:plain f:id:mokugyo327:20170715234401p:plain:電気の通りが良い為、ボルチェンで引っ掻き回されやすいです。

 それを避けようと霊獣ボルトを構えても、Z技で消しとばされてしまうのできついです。

 

f:id:mokugyo327:20170715234458p:plain:舞われてしまうと手がつけられません。ベトベトンを用意して対処するか、なんとかして舞わせないように立ち回るのが主な処理ルートでした。

 

f:id:mokugyo327:20170715234526p:plain:炎+草の範囲を誰も受けられません。マッチングした場合、グロスの雪崩で強引に処理するか、ベトベトンで無理やり止めるしかありません。


f:id:mokugyo327:20170717182015p:plain+電気受け:この構築は、テッカグヤを霊獣ボルトロスで崩すしかないのですが、カグヤの裏に悪巧みを積んだボルトを処理出来るポケモン(襷マンムー、メガバナ、ウツロイドなど)が居た場合非常に厳しい戦いになります。

 

 この中だとカグヤ絡みとロトム系統に対する勝率が極端に低いです。他はそこそこ。


〔結果〕

f:id:mokugyo327:20170717234054j:plain

 最高レート1960/最高順位不明


f:id:mokugyo327:20170718145426p:plain

最終レート1919/最終順位748位

 なおこちらの最終順位はサブロムのものです。

 

〔雑感〕

 今期こそは、と意気込んで2000を目指した今期でしたが、最後の最後で連敗してしまい再起不能という非常に残念な結果となってしまいました。本構築を組むにあたって協力して頂いたブライトンさんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 正直、悔しいを通り越して情けないです。本当に今までで1番辛い......

 敗因を考えてみるに、電気の通りが良すぎた事と、崩しのルートが限定的すぎた事が原因で選出が窮屈になり、その結果際どいプレイングに頼らざるを得ない場面が頻発したせいだと思います。特に鋼へのメタが単線的で、並びを崩すという意識が足りなかった所は大きな反省点です。

 改善案として考えられるのは、マンダを外してリザXを用意し、鋼や電気に対する選出パターンを増やしつつ、霊獣ボルトロスルカリオストッパーに変える事でしょうか。そうすればテッカグヤ絡みは幾分マシになったかと思われます。

 なんとも情けない結末となってしまいましたが、カバグロスレヒレベトンの並び自体には手応えを感じたので、もしこれを改良するならこの4体から組み直したいです。

 来期以降も潜るつもりですが、来期は一旦マンダ入り以外の並びも使って対戦の幅を広げ出直します。

 最後になりますが、本構築を組むにあたって協力して頂いたブライトンさん、並びにS4にて対戦して下さった皆様、ありがとうございました。

 次回はS5にてお会いしましょう。


〔Special Thanks〕(敬称略)

・ブライトン:霊獣ボルトロスとサンダーの個体を貸して頂いただけでなく、本構築の原案を運用して頂きありがとうございました。

ブログを始めるにあたって、意識しておきたかったこと。

 今回はいつもと趣向を変えて、ブログを始めるにあたって、意識しておけば良かったな、と後悔していることをまとめておく。

 新たにブログを始める方が、何かの参考にしていただけると幸いである。

 なお本記事の内容は全て私の主観であり、これが正解とも限らないので悪しからず。

 

 私がブログを始めるにあたって、やっておけば良かったと後悔していることは、以下の3点である。

(1)方向性を明確にする

(2)自分の性格を見極める

(3)ネタの幅を広げて書く

 

 (1)は、今回話すことの中でも特に後悔していることである。

 ブログを始めるにあたって、記事を書く前に、どういうスタンスでブログを運営したいのか、という方向性を明確にしておけば良かったと感じている。

 具体的には、自分の趣味として書きたいものを書く事ができればそれで満足なのか、それともブログを通じて知名度や収益を得たいのか、ということを明確にしておけば良かったと思う。

 これを怠ると、私のようにブログの運営方針について悩み苦しむ羽目になる。

 故に、ブログを始める前に、運営するスタンスを明確にしておいた方が後々快適に記事を書けると思う。

 

 (2)の性格を見極める事については、別にブログに限った話ではないが、ブログを始めるにあたってもやっておけば良かったと思ったので、ここで述べておく。

 なぜ性格を見極める事が必要なのかというと、それによって参考にしたり、磨き上げたりする文体が異なってくるからである。

 例えば、私のような生真面目な人間が、性格と合わない話し言葉のような文体の記事を書こうとしても向いていない、という事である。

 それ故、自分の性格を見極め、それに応じて参考にするべき文体を探す事で、文面を考える時に効率が上がる、という事である。

 その文体探しにおいて、もし私の文章を参考にしてくださったなら、1ブロガーとして嬉しい限りである。

 

 最後の(3)は、ブログを始めたての頃にやっておけば良かったと後悔している事である。

 ブログを書く際、特に始めたての頃は、幅広い話題を取り扱う、という事を意識して書けば良かったと悔いている。

 何でも書く雑記ブログは検索に不利だ、という事で内容を絞る場合でも、ジャンル単位くらいの幅は確保しておくべきだと思う。

 このような事を言うのは、私のように考えなしにこのブログのような(ほぼ)ポケモン一本のブログを構築してしまうと、よほどの専門家でもない限りほぼ確実に「ネタの枯渇」という大問題に直面するからである。

 このような事態を避けるためにも、ブログの始めたての段階から、意識して幅広い話題に触れる、と言う事をすれば良かったと感じている。これは、ある程度以上の期間ブログを続けて、「このブログは専門ブログ」というイメージがついてからだと軌道修正が効きにくいので、これからブログを始めてみたい、という方は気をつけてほしい。

 私自身も、今後は「ポケモンブログ」から「ゲームブログ」へとレベルアップさせたいと考えており、ポケモン以外のゲームについても取り上げたいと考えている。


 以上3点が、私がブログを始めるにあたって意識しておけば良かったと感じている事である。特に(1)と(3)はかなり影響が大きいので、始める前に意識して手を打っておくと後々楽になると思う。

【ポケモンSM】物理メガジュカイン~何より意表がつける()~

 f:id:mokugyo327:20170711131251p:plain

 〔型〕

 ジュカイン@ジュカインナイト

特性:新緑→避雷針

性格:陽気

実数値:145-162-95-x-106-197

努力値:A252 D4 S252

確定技:リーフブレード/地震

選択技:逆鱗/剣舞/岩雪崩

 

〔考えていたこと〕

メガゲンガーゲッコウガの上から弱点をつける!強い!

・S145もあるのに電磁波で止まらない!強い!

・剣舞を覚える!電磁波で止まらない剣舞エース!強い!

・何より意表がつける!強い!

 

げんじつ

ゲッコウガについてはリーフブレードを撃っても襷やスカーフだと結局冷凍ビームで死ぬ

・ゲンガーに対しても火力が足りない(画像参照)

f:id:mokugyo327:20170711155528p:plain

・剣舞しても最大打点はせいぜいガブのZ逆鱗と同じくらい、わざわざメガ枠を割いて1ターン費やす程でもない

・剣舞無しだと逆鱗でもガモスすら落とせず、起点にされて死ぬ

・以上の理由から、意表をついてもアドを稼げない

 

......

f:id:mokugyo327:20170711131043j:plain

 

続きを読む

【ポケモンSM】催眠ゲンガーの対策を考える

f:id:mokugyo327:20170706192252j:plain

 最近、無視できない割合まで増えつつある催眠ゲンガー。PGLによると、なんと約4割ものゲンガーが催眠術を搭載している、との事です。

 今回は、そんな理不尽ポケモンこと催眠ゲンガーの対策に必要な条件や、具体的な処理ルートについて考えてみました。

 

〔対策〕

 このポケモンに対応する手法としては、大きく分けて以下の4つが考えられます。

(1)上から1撃で倒す

(2)ラムで催眠術を切り返す

(3)マジックミラーや絶対眠りで無効にする

(4)眠りを封じて展開する

(5)高耐久ポケモンで圧殺する

(6)避ける

 このうち(6)は運に依存する行動となってしまい安定しないので、今回は(1)~(5)の処理ルートについて検討します。

 

(1)上から1撃で倒す

 これについて考えるためには、そもそもメガゲンガーの上を取れるポケモンを把握しておく必要があります。

 メガゲンガーの上を取れるポケモンとしては、

(A)S種族値が130より高い

(B)S種族値が70以上で、且つスカーフを着用可能である

という2条件のうち少なくとも一方を満たすポケモン、となります。

(A)については非常に数が少なく、メガミュウツーYデオキシスを除くと、

f:id:mokugyo327:20170708115434j:plainf:id:mokugyo327:20170708115448j:plain f:id:mokugyo327:20170708115214j:plain f:id:mokugyo327:20170708115230j:plain f:id:mokugyo327:20170708115245j:plain f:id:mokugyo327:20170708115301j:plainf:id:mokugyo327:20170708115506j:plainf:id:mokugyo327:20170708115533j:plainf:id:mokugyo327:20170708115542j:plainf:id:mokugyo327:20170708115553j:plain

これら10体しか存在しません。

 これらの中でも、フェローチェアギルダーライボルトジュカインの3体は打点が足りずメガゲンガーを1撃で倒せないので、「上から行動させずに倒す」という目標を達成出来そうなのは、

f:id:mokugyo327:20170708124418j:plainf:id:mokugyo327:20170708124438j:plain f:id:mokugyo327:20170708124453j:plain f:id:mokugyo327:20170708124517j:plain  f:id:mokugyo327:20170708124554j:plainf:id:mokugyo327:20170708124625j:plain

これら6体という事になります。

 この方法の問題点は、ゲンガーに逃げられる可能性がある、という事です。このリスクは、特にZ頼みとなるテッカニンマルマインの2体にとっては非常に深刻な問題です。

 Z技は1試合に1度しか撃てないので、空振りしてしまうと結局ゲンガー側に圧殺される恐れがあります。

 逃さずに処理出来そうなのはメガプテラの追い討ちでしょうか。

 プテラは、逃げようとするゲンガーを追い討ちで仕留めることが出来ます。それ読みの居座りを嫌うなら、噛み砕くと両立すれば択にはなるものの両対応出来ます。

 

 続いて(B)の条件を満たすポケモンについて考えます。

 と言っても、S種族値が70以上のポケモン、となると全部で391体にもなるので、それら全部に対して考察する事は非現実的です。

 そこで、今回はスカーフで奇襲を試みるに当たって必要な条件を整理しておくこととします。

 (B)の条件を満たすポケモンで、ゲンガーを奇襲するためには、「ゲンガー側の居座りを誘導出来て、尚且つ返しの攻撃で倒せる」という条件を満たす必要があります。

 ゲンガー側が逃げてしまうポケモンにスカーフを持たせても、結局逃げられた上に後続がゲンガーにキャッチされるリスクがあるので、ゲンガーの居座りを誘導したいところです。

  なおかつ、せっかく奇襲を決めても倒せなければアドバンテージにはならないので、奇襲で処理するならゲンガーをワンパン出来るだけの火力が欲しいところです。

 

 以上が、上から何もさせずに倒すルートとして考えられます。

 次に(2)のラムで催眠術をかわして切り返す、というルートについて考えます。

 このルートを成立させるためには、

(α)催眠術をかわした後の反撃でゲンガーを落とせる

(β)ラムで催眠術をかわした後、積み技でゲンガーを縛れるようになる

という2つの条件が最低限必要であります。

 なおかつ、この方法はどちらかというと役割破壊に近い動きなので、出来れば

(γ)催眠術を誘いやすい

という要素も併せ持っておきたいところです。

 例えばHAラムナットレイは、登場当初はラムが警戒されにくく、なおかつ耐久型のイメージが強かった為に、ラムで催眠術をかわしてジャイロでワンキル、という動きが成立しやすかったのだと考えられます。今は周知されたので逃げられるかもしれませんが......

 汎用性のありそうな所でいうとラムウルガモスが良さそうです。ラムで催眠術をかわしつつ、次のターンの炎技でゲンガーを縛る事ができます。

 ちなみに、CSメガゲンガーを確定1発にする為に必要な火力を指数で表すと、物理技の場合36097、特殊技の場合41511です。

 

 続いて、(3)の特性による対策について考えます。

  催眠術を無効に出来そうな特性としては、マジックミラーと絶対眠りの2つが考えられます。

 前者のマジックミラー持ちとしては、

f:id:mokugyo327:20170708191959j:plain f:id:mokugyo327:20170708192017j:plain f:id:mokugyo327:20170708192035j:plain f:id:mokugyo327:20170708192049j:plain

  これら4体が考えられます。

 ただ、ネイティオ・エーフィについてはサイキネを嫌ったゲンガーが逃げる恐れがある事、ヤミラミも同様にゲンガー側が突っ張って来にくいと考えられる事から、これら3体は「催眠ゲンガーを狩る」というよりも、「催眠術を展開させない」という方向性に重きを置いたポケモンだと言えそうです。

 中でもヤミラミについては、1度メガシンカ出来れば催眠術読みで繰り出す動きすら可能になるので、並びが開拓されれば催眠ゲンガーメタとして有力である、と考えています。

 アブソルについては、気合玉読みで不意打ちを撃つか、身代わり読みでそれ以外の悪技を撃つか、という択が生じてしまうので、催眠ゲンガー対策としては使いにくそうです。

 

 次に、(4)の眠りを封じて展開するルートを検討します。

 個人的には、こちらのルートに注目しています。特に、カプ・レヒレ+追い打ち枠、という並びが催眠ゲンガーメタとして有用なのではないかと考えております。

 催眠を封じるルートとしては、他にも挑発やエレキフィールドが考えられますが、そもそも挑発はゲンガーの上から挑発できるポケモン自体が非常に少ない為、一旦考えない事とします。

 エレキフィールドはコケコ以外のポケモンで展開しようとすると1ターンの隙を与えてしまう上、コケコとゲンガーの対面でゲンガーの行動を予測しにくく不安定になる可能性がある事から、レヒレ+追い打ち枠、という動きと比べ安定性が低いと考えています。

 コケコ以外のポケモンについていうと、メガライボルトで上からエレキフィールドを貼りつつボルチェンを叩きつけるのは面白いかもしれません。

 以上2点から、レヒレ+追い打ち枠の並びは他の状態以上封じと比較しても差別化出来ていると考えています。

 更に、レヒレで催眠術を封じに行く強みとしては、ゲンガー側が突っ張って来やすい、という点が挙げられます。そこを追い打ち枠で捕まえつつ、追い打ちでゲンガーを処理、という動きが理想です。

 ただし、この方法にもリスクはあります。

 具体的には、ゲンガーに身代わりを貼られて逃げられる事がリスクとして考えられます。この動きでゲンガーに逃げられた場合、レヒレをキャッチされて処理されてしまう恐れがあるので、その点については注意が必要でしょう。

 このリスクに対しては、追い打ち枠としてバンギラスを採用し、身代わりを貼られた場合に、交代際で吠えるを押せば誤魔化しになります。運次第なので誤魔化しにしかなっておりませんが......

 このレヒレ+追い打ち枠、という並びについてはこちらでも考察しておりますので、宜しければ合わせてご覧ください。

mokugyo327.hatenablog.com

 また、持ち物で対策する、という手も考えられます。

 具体的には、ポイヒグライオン地震で処理、などの方法が考えられます。

 ただし、こちらの方法は展開に1ターンの隙が生まれるので、守る読みで身代わりを合わされると一気に不利になる点が難しい所です。


(追記)

 (5)の高耐久ポケモンで圧殺する、という方法はFFの某氏から教えていただいた方法です。

 具体的にはラッキーやハピナスでリソースを管理し、催眠や気合玉のPPを枯らせばゲンガーといえども無力化出来る、という理屈のプランです。

 ただ、このルートはゲンガー側が逃げてしまい、後続をキャッチされるリスクが伴います。

 

 以上、大きく分けて5パターンのルートを考察してみましたが、完全な対策は非常に困難ですね......