エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

TOP

f:id:mokugyo327:20151101160735j:plain

ポケ勢らしく(?)ブログを初めてみました。

暇潰し程度に読んでいただければ幸いです。

〔リンク集〕

【USM・リンク集】「舞わない」ボーマンダの記事まとめ(総集編)

【USM・リンク集】グロスヒトムレヒレ構築まとめ

【USM・リンク集】滅びゲンガー入り構築まとめ

 

〔過去の構築〕

【USM】

【USM・S14使用構築】カバマンダポリ2

【USM・S12使用構築】原点回帰カバロイド

【USM・仲間大会使用構築】リベンジポリグロス

【USM・S11使用構築】生存報告

【USM・公式大会使用構築】ウルトラネクロスZ

【USM・S9使用構築】ポリグライグロス

【USM・第2回ホズラッシュ使用構築】ボルトランドゲコグロス

【USM・S8使用構築】マンダロイドサザン 

【USM・第1回ホズラッシュ使用構築】マンダロイド+カバゲンガー

【USM・S7使用構築】リザYグロスにボルトランドを添えて 

 

【SM】

【SM・S6使用構築】バシャカバグロス -

【SM・第2回からきおす杯ベスト8】友情カバロイドver2 

【SM・S5使用構築】ガルミミガッサ 

【S4使用構築】マンダグロスとレヒレベトン 

【構築草案】マンダレヒレベトン(催眠ゲンガーメタ)

【S3使用構築】マンダナットにカバロイドを添えて 

【S2使用構築】岩石封じヒードラン入りマンダナットスタン 

 【S1使用構築】土地神と筋肉とマンダマンムー 

 

ORAS

【S17使用構築】ヘラマンダサイクル・終 

S16の更に焼き増し S17のサブロムで使用

【S16使用構築その2】初めての受けループ 

受けル S16のメインロムで使用

【S16使用構築】ヘラマンダ軸脳筋サイクル・改 

S14の焼き増し S16のサブロムで使用

【ジョウトオープン使用構築】イノムドーサイクル

タイプ受けサイクル ジョウトオープン使用

【S15使用構築】ガルクレセ

初めてのガルーラスタン CDG4

【S15爆死構築】3度目のマンダマンムー(反省用記事)

【構築草案】ガルクレセマンダニンフィア 

【S14使用構築】ヘラマンダ軸火力ぶっぱサイクル 

ヘラクロス入り S14使用構築

ブラッキーマンダマンムー草案 

ブラッキー入り受け回し

【S13使用構築】慎重マンダとバシャナットサンダー 

サイクルバシャマンダ S12終盤・S13使用構築

【からりん杯&S12使用構築】ポンコツマンダゲンガー(反省用記事) 

だらだらぐるぐる からりん杯ベスト32、S12中盤使用

【S12序盤使用構築】コバルマンダトドン 

受け回し?S12序盤使用

【S11使用構築】バシャマンダニンフスイクン 

サイクルスタンっぽい何か

  【構築草案】霊獣式ボルトバシャガルド 

同じくサイクルスタンっぽい構築案

 

〔単体考察〕

【SM】

テッカグヤを崩すルート 

【宿り木テッカグヤ意識】電気Z草ロトムの調整案 

【ポケモンSM】岩石封じメガボーマンダ 

両刀メガバシャーモの調整案 

【ポケモンSM】炎Zヒードランの調整案 

【ポケモンサンムーン】オボンウルガモスの調整案 

HDバンジテッカグヤの調整案 

コケコ意識のHDメガボーマンダ 

AD珠マンムーの調整案

マッシブーンの調整案 

 

ORAS

守るメガマンダに関する考察 

 叩きメガバシャーモについて 

チョッキ霊獣ボルトロスの調整案 

 

〔コラム〕

メタを考える時の仮想敵 

採用理由 

「理解」と「納得」~嫌いなポケモンの記事を見た時の対処法~ 

「勝つ」動きと「負けない」動き 

「切る」行為について 

瞬発力と持久力 

構築記事を書くうえで 

感銘を受けた言葉 

レートが溶けた時の対処法 

「雑魚は黙ってろ」という風潮について 

相手批判について 

クレッフィについての主観 

今マンダ軸を組むのであれば 

構築を弄るということ 

【USM・リンク集】グロスヒトムレヒレ構築記事まとめ

f:id:mokugyo327:20181127215713p:plain

 最近、メタグロス軸を模索していてもうまくいかないので、先行研究を調べるべく、グロスヒトムレヒレ軸の構築記事をまとめました。

 なお本記事のリンクは全て無断転載ですので、問題がありましたらコメント欄、もしくはTwitter @mokugyo327までご連絡下さい。

続きを読む

【USM・リンク集】滅びゲンガー入り構築記事まとめ

f:id:mokugyo327:20180414130822p:plain

 本記事では、USMにおいて「滅びの歌」持ちメガゲンガーを採用した構築記事へのリンクをまとめました。

 なお本記事のリンクは全て無断転載ですので、問題があればコメント欄もしくはTwitter @mokugyo327までご連絡下さい。

続きを読む

【USM・リンク集】「舞わない」ボーマンダの記事まとめ(S15編)

f:id:mokugyo327:20190625182855p:plain

 閲覧ありがとうございます。

 本記事は、龍舞型「以外」のボーマンダを採用した構築記事を纏めたリンク集のS15編です。

☆S14編

mokugyo327.hatenablog.com

 なお本記事のリンクは全て無断転載ですので、問題がありましたらコメント欄、もしくはTwitter @mokugyo327 までご連絡下さい。

続きを読む

【USM・S15使用構築】コケコナットマンダ

〔前書き〕

 閲覧ありがとうございます。

 本記事は、私がS15で使っていた構築の紹介記事です。

 

〔構築経緯〕

 以下の経緯で決定しました。

(1)別の構築を試していた時、眼鏡カプ・コケコが活躍した事から軸に据える事を決定

(2)コケコの行動回数を稼ぐ盾としてナットレイを採用

(3)ナットレイと相性が良く、浮いているポケモンの中で一番強いのでボーマンダを採用

(4)物理受け枠としてカバ、カグヤサイクルや一部の積み展開へのメタとしてヒードランを採用

(5)この段階で霊獣ボルトロスデンジュモクフェローチェ・ポリグライなどが重く、それらに対抗する枠としてゲッコウガを採用

 もう少しやりようはあったと思います。

 

〔個別紹介〕

 以下の6体を使っておりました。

f:id:mokugyo327:20190617202401p:plain

 

f:id:mokugyo327:20190617211044p:plain

カプ・コケコ@拘り眼鏡

特性:エレキメイカ

性格:臆病

実数値:145-x-105-147-96-200

努力値:C252 D4 S252

技:10万ボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/蜻蛉返り

 構築の出発点。眼鏡10万ボルトの縛り性能に着目して採用しました。

 従って型は眼鏡型で確定、技・配分共にオーソドックスな構成です。

 使用感も申し分なく、エースの名に恥じない活躍でした。

 と書きたかったのですが、実際には日を追うごとに通りが悪くなっており、率直に言うとコケコ抜きの5体で戦っているような感覚でした。

 その理由は、コケコの電気技を無効にしつつリターンを取れるポケモン(ボルトロスランドロスなど)がどんどん増えていったからだと推測しております。

 拘っている関係上電気技を無効にされると何も出来ないまま交代せざるを得ず、負担に感じる場面が多々ありました。

 「S種族値130から指数4万超えの火力を叩きつける」というスペック自体は申し分なかったので、環境に嫌われたとしか言えません。合掌。

f:id:mokugyo327:20190617211259p:plain

ナットレイ@ウイの実

特性:鉄の棘

性格:生意気

実数値:181-114-159-x-177-22

努力値:H252 B60 D196

技:ジャイロボール/宿り木の種/ステルスロック/守る

調整:

・最遅

・H-B:A156ミミッキュのA+2Zシャドークローを最高乱数切り耐え

・H-D:C200カプ・テテフの眼鏡めざ炎を最高乱数切り耐え

 いつもの。今回はカプ・コケコの行動回数を稼ぐ為の盾として採用しました。

 配分は、カプ・レヒレのめざ炎に焼かれまくった事から、少しでも抵抗力を付けたくHDベースとしています。

 ただ、実戦ではギャラドスや雨パと戦う事も多かったので、もう少し物理耐久に割いた方が良かったのかもしれません。

 技のうちステロは、個人的に評価の高い技で、呼ぶ炎を牽制できるほか、「ステロを踏ませてコケコの射程圏内に入れる」と言うプレイングを可能にする技です。

 例えば、H159-D124という耐久ラインのゲンガーに対して、ステロ+宿り木+眼鏡10万ボルトの3つで突破する事ができます。

 使い慣れていることもあり総じてスペックには満足しておりますが、今期は何故か多方面からめざ炎を撃たれており、その度対応に苦慮していた記憶があります。

 

f:id:mokugyo327:20190617211936p:plain

ボーマンダ@ボーマンダナイト

特性:威嚇→スカイスキン

性格:陽気

実数値:175-195-150-126-111-185

努力値:H36 A236 D4 S228

技:捨て身タックル/火炎放射/身代わり/羽休め

調整:

・H16n-1

・A:捨て身でB4振りメガルカリオを確定

・S:S1段階下降時に準速キノガッサ抜き

本ブログの看板。ナットレイと相性が良く、かつ浮いているポケモンの中で1番強い事から採用しました。

 当初は両刀型で採用していたものの、スカーフカミツルギに崩されやすいと感じた事や、流星群の使用頻度が予想より低かった事から、身代わり羽休め型に変更しました。

 火炎放射はカミツルギを燃やせる他、他では厳しい受けループにも対抗しうる技、身代わりを見せてムドーをおびき寄せた後、火炎放射で焼いてしまおう、という寸法です。

 使い慣れていることもあって使用感は申し分なく、終盤はコケコに代わりエースとしてフル回転してくれました。やはり700族は伊達じゃないですね。

f:id:mokugyo327:20190617212405p:plain

カバルドン@ゴツゴツメット

特性:砂起こし

性格:腕白

実数値:215-133-187-x-92-67

努力値:H252 A4 B252

技:地震/氷の牙/毒毒/怠ける

 よく居るゴツメカバ。ここまでの3体ではミミロップクチートなどの高火力物理に押し負けやすいので、クッションとして採用しました。毒毒はポリ2やギャラドスへの交代読みとして使える他、やる事が無い時に使える崩しとして優秀な技です。

 もう今更書く事もそれほど有りませんが、今期は剣舞を起点に役割破壊を受ける頻度が高く、後手に回る試合が多かった印象です。

f:id:mokugyo327:20190617213034p:plain

ヒードラン@食べ残し

特性:貰い火

性格:穏やか

実数値:193-x-126-150-162-113

努力値:H212 D172 S124

技:噴煙/ステルスロック/身代わり/吠える

調整:

・H:16n+1

・S:準速ギルガルド抜き

・余りD

 少し珍しい(?)残飯ステロドラン。カグヤやナット絡みのサイクルをステロ+吠えるで削れる他、一部の展開構築(イーブイバトンや積みリレーなど)にも抗える枠です。副産物としてオニゴーリにも抵抗出来ます。

 配分は以前使っていた残飯個体の流用ですが、サンダーの放電を身代わりが耐えてくれたおかげでアドを取れた試合もあったので、これで正解だったと思います。

 炎技としては噴煙を採用、命中安定なので外すストレスを溜めずに済む上に、呼ぶ物理を焼く事が出来ればそれだけで爆アドを稼げる優秀な技でした。少なくともマグマストームを撃ちたかった場面は全く無く、この枠は間違いなく噴煙で正解でした。

 使用感も予想以上に良好で、鋼絡みのサイクルに対して強力な対策として機能してくれました。積み展開に対してステロ+吠えるだけでeasy winまで持って行けた試合もあり、このポケモンと出会えた事が今期で一番の収穫でした。

 

f:id:mokugyo327:20190617212545p:plain

ゲッコウガ@水Z

特性:変幻自在

性格:臆病

実数値:147-x-87-155-92-191

努力値:C252 D4 S252

技:ハイドロカノン/冷凍ビーム/毒毒/水手裏剣

 最後までよく分からなかったポケモン。ここに求める条件としては、

(1)霊獣ボルトロスデンジュモクに強い

(2)グライオン+物理受けの並びを崩せる

という2点があり、これを満たすポケモンとしてゲッコウガを採用しました。

 デンジュモクに抗う水Z+ハイドロカノンと、霊獣ボルトロスを処理する冷凍ビームの2つは採用理由から確定とし、3枠目には毒を採用しました。

 これは、ポリ2がゲッコウガを受けに来る事に着目したもので、マンダの身代わり+羽休めと合わせてポリ2を崩せると踏んで採用した技です。

 具体的な流れとしては、

(1)ゲッコウガvsグライオン対面からポリ2バック、ゲッコウガ側が冷凍ビームを選択

(2)ポリ2が自己再生(もしくは何らかの補助技)を押すのに合わせて毒を選択

という展開を想定しておりました。

 変幻自在のお陰で必中技になる点も高評価です。

 副産物として、ムラっけポケモンの身代わり+守るを咎められるというメリットもありました。

 最後の1枠にはフェローチェに対するせめてもの対抗策として水手裏剣を採用、ここは膝を透かせる可能性を考えて影打ちを採用した方が良かったかもしれません。

 ここまで書いたように、本構築の歪みを一手に引き受けたようなポケモンでしたが、腐ってもゲッコウガという事もあり予想以上に優秀でした。

 ただ、ゲンガー意識の悪波を撃ちたい試合が時折あった事と、「型が多すぎて相手が何を考えているか全くわからない」という大問題が発生した事から、ここの枠も再検討した方が良いのかもしれません。


〔苦手なポケモン・並び〕

f:id:mokugyo327:20190617213638p:plain:

 一番厳しいポケモン。誰も対面から勝てません。

 両刀型だった場合、気を抜くと3タテを通り越して6タテすらされかねません。

 

f:id:mokugyo327:20190617213710p:plain:

 カプ・コケコの眼鏡電気技を無効にしつつ、積みの起点にしてくる点が厄介です。

 ゲッコウガで対抗しようにも、素直に殴ってきた場合に吹っ飛ぶリスクがあるためゲッコウガボルトロスの対面を作る事自体が困難です。

 

f:id:mokugyo327:20190617213727p:plain:

 こちらも電気技の一貫を切ってくる点が厄介、カバで受けに行く事が多いのですが、剣舞型だった場合そのままeasy loseに直結するのが難しい所です。

 

f:id:mokugyo327:20190617213750p:plain:

 炎+電気+氷、という技範囲がシンプルに厄介です。

 スカーフの可能性を考えると「ゲッコウガで処理する」と言うルートが不安定であり、それ故にこのポケモンを削り切る事が難しかった印象です。

 

f:id:mokugyo327:20190617214005p:plain:

 破壊力が凄い。

 ゲッコウガの水Z以外に一撃で倒しうる手段が存在しない為、ほぼ確実に1.5体以上を持っていかれる印象です。

 

 こうやって並べてみると、総じてコケコ以外の電気に対する処理ルートが甘い、という弱点が浮き彫りになって来るように思います。

 コケコの代案を考えるにあたってはこれがヒントになるかもしれません。

 

〔結果〕

f:id:mokugyo327:20190618202710j:plain

最高/最終レート1866

最終順位910位

 

〔雑感〕

 S15開始当初はモチベーションも高く、コケコも活躍したので勢いよくレートを伸ばせたものの、ゴールデンウィークを境に失速。

 終盤に体調を崩した事もあり、代わり映えのしない結果に落ち着きました。

 正直なところ、終盤はコケコがほぼ腐っていた事や、最終日に別ロムでこの構築を使って連敗した事を考えると、レートの数字自体には納得しております。

 ただ、最終盤に体調を崩して戦線離脱を余儀なくされてしまった事については悔やんでおります。

 第8世代ではどうやら大幅な変更があるようですが、少なくともS16ではまだ現環境が続くようですので、まずは「最終日まで地に足を付けて潜る」という事を目標といたします。

 次回はS16でお会いしましょう。

【USM・リンク集】「舞わない」ボーマンダの記事まとめ(総集編)

f:id:mokugyo327:20190421172403p:plain

 閲覧ありがとうございます。

 本記事は、龍舞型「以外」のボーマンダを採用した構築記事をシーズン毎にまとめた総集編です。

 記事数は1シーズン毎に1記事を予定しております。

続きを読む

【ポケモンUSM】ナットレイ側から見た、「相手にやられると辛い」行動

f:id:mokugyo327:20170927071619p:plain

 Twitterツイキャスを見ていると、「ナットレイ嫌い!」という趣旨のコメントを見かける。

 そこで、今回はナットレイに手を焼いている方に向けて、ナットレイ使用者側から見た「されたくない行動」をまとめてみた。

 なお本記事で取り上げるナットレイの配分はHDベースで、持ち物は食べ残しとする。

 

〔されると辛い行動集〕

☆拘りトリック

 最近増えてきたので加筆。

 ナットレイは宿り木+守るやステロなどの補助技を多用するポケモンなので、1つの技しか選択できなくなる拘りトリックを受けると機能停止する。

 特にこれはレヒレや水ロトムなどの役割対象から飛んでくる恐れが高いので、本来の仕事を果たせないまま起点にされて負け、といった展開になりやすい。


☆ミラーマッチ

 正直1番辛い。

 こちらからはほぼ何も出来ないので、相手のナットレイがミラーに強い型だった場合一方的に負ける。お互い有効打がない場合はどうしようもない泥仕合となりそれはそれで辛い。

 

☆身代わり(+積み技)

  非常にしんどい。

 メインの回復ソースたる宿り木を遮断されてしまうので、身代わりを割るためだけに1ターン割かないといけないのがきつい。

 稼がれたターンで積み技を積まれて、裏まで一貫するようになってしまうと一気にナットレイ側の負けが近づいてしまう。

 

☆一撃技

 鋼技や草技で弱点をつける相手を除けば、基本的にナットレイは遂行速度が遅い。

 その為一撃技の試行回数を稼がれやすい点が怖い。

 グライオンオニゴーリのように身代わりと組み合わせるとなお良し。

 

☆催眠術

 低速ポケモンの宿命。

 当然ながら、当てられると何も出来なくなる上、遂行速度が遅いせいで多くの場合2回以上試行回数を稼がれるのが面倒臭い。

 

☆鬼火

 地味に嫌な技その1。残飯を実質帳消しにされる上に、ジャイロやウィップの火力も半減される点が嫌。

 似たような理屈で、熱湯持ちの相手をするのも精神衛生には良くない。

 

☆はたき落とす

 地味に嫌な技その2。残飯を帳消しにされるどころか没収されるので、回復力が大幅に落ちる。

 宿り木で1ターンにつき20回復するとしても、宿り木→守るの2ターンで22、このサイクルを2回繰り返せば44、実に1/4もの回復量を損する事になる。そのため地味に嫌。

 

☆めざ炎

 ナットレイ対策として真っ先に挙げられるであろう手段。

 確かに、炎打点を受けると、ナットレイといえどもゾンビ性能を発揮する前に倒れてしまうので、炎技を受けたくはない。

 ただし、めざ炎を採用しただけで、ナットレイを対策した気になるのは不十分である。

 理由は単純で、大抵のめざ炎は耐えつつ、宿り木+守る等で切り返せるからである。

 例えば、アシレーヌにめざ炎を撃たれたとしても、1/3ほどHPが残るので、返しに宿り木を当ててしまえば宿り木→守るで60以上回復出来てしまう。

 そうなれば、次のめざ炎も耐えられつつ、返しのジャイロ+守るでアシレーヌを処理され、結局仕事を果たされてしまう、というわけである。

 やるなら、テテフのメガネめざ炎レベルの高火力で倒し切るか、宿り木+攻撃技で切り返されないようにしたい。

 ちなみにこれらの条件を満たしてナットレイを役割破壊出来るポケモンとしては、以下の2体が挙げられる。

 (1)f:id:mokugyo327:20190424223740p:plain:一致めざ炎で残飯+宿り木+守る込みでも2発で落とせる。ゲッコウガの役割破壊性能って凄いな......

 (2)f:id:mokugyo327:20190424223812p:plain:瞑想に後投げした後めざ炎を撃たれた場合、めざ炎2発で倒し切られてしまう。

 このポケモンは瞑想型でもめざ炎を所持していない場合がある為見分けがつきにくい事が厄介である。

 特にナットレイでレヒレをケアする前提で選出していた場合、めざ炎を受けた瞬間負けに直結する、という悲惨な展開もあり得るのが怖い所。


 

 以上を纏めると、ナットレイを対策するなら、「ナットレイ自身を直接崩すよりも、ナットレイを起点にして裏から崩す」という方針で臨むのが良いと考えられる。

 

 随時加筆予定。