エンジョイ勢がなんか言うだけ

日記帳 Twitter:@mokugyo327

TOP

f:id:mokugyo327:20151101160735j:plain

ポケ勢らしく(?)ブログを初めてみました。

暇潰し程度に読んでいただければ幸いです。

〔過去の構築〕

【USM】

【USM・S8使用構築】マンダロイドサザン 

【USM・第1回ホズラッシュ使用構築】マンダロイド+カバゲンガー

【USM・S7使用構築】リザYグロスにボルトランドを添えて 

【SM】

【SM・S6使用構築】バシャカバグロス -

【SM・第2回からきおす杯ベスト8】友情カバロイドver2 

【SM・S5使用構築】ガルミミガッサ 

【S4使用構築】マンダグロスとレヒレベトン 

【構築草案】マンダレヒレベトン(催眠ゲンガーメタ)

【S3使用構築】マンダナットにカバロイドを添えて 

【S2使用構築】岩石封じヒードラン入りマンダナットスタン 

 【S1使用構築】土地神と筋肉とマンダマンムー 

 

ORAS

【S17使用構築】ヘラマンダサイクル・終 

S16の更に焼き増し S17のサブロムで使用

【S16使用構築その2】初めての受けループ 

受けル S16のメインロムで使用

【S16使用構築】ヘラマンダ軸脳筋サイクル・改 

S14の焼き増し S16のサブロムで使用

【ジョウトオープン使用構築】イノムドーサイクル

タイプ受けサイクル ジョウトオープン使用

【S15使用構築】ガルクレセ

初めてのガルーラスタン CDG4

【S15爆死構築】3度目のマンダマンムー(反省用記事)

【構築草案】ガルクレセマンダニンフィア 

【S14使用構築】ヘラマンダ軸火力ぶっぱサイクル 

ヘラクロス入り S14使用構築

ブラッキーマンダマンムー草案 

ブラッキー入り受け回し

【S13使用構築】慎重マンダとバシャナットサンダー 

サイクルバシャマンダ S12終盤・S13使用構築

【からりん杯&S12使用構築】ポンコツマンダゲンガー(反省用記事) 

だらだらぐるぐる からりん杯ベスト32、S12中盤使用

【S12序盤使用構築】コバルマンダトドン 

受け回し?S12序盤使用

【S11使用構築】バシャマンダニンフスイクン 

サイクルスタンっぽい何か

  【構築草案】霊獣式ボルトバシャガルド 

同じくサイクルスタンっぽい構築案

 

〔単体考察〕

【SM】

テッカグヤを崩すルート 

【宿り木テッカグヤ意識】電気Z草ロトムの調整案 

【ポケモンSM】岩石封じメガボーマンダ 

両刀メガバシャーモの調整案 

【ポケモンSM】炎Zヒードランの調整案 

【ポケモンサンムーン】オボンウルガモスの調整案 

HDバンジテッカグヤの調整案 

コケコ意識のHDメガボーマンダ 

AD珠マンムーの調整案

マッシブーンの調整案 

 

ORAS

守るメガマンダに関する考察 

 叩きメガバシャーモについて 

チョッキ霊獣ボルトロスの調整案 

 

〔コラム〕

メタを考える時の仮想敵 

採用理由 

「理解」と「納得」~嫌いなポケモンの記事を見た時の対処法~ 

「勝つ」動きと「負けない」動き 

「切る」行為について 

瞬発力と持久力 

構築記事を書くうえで 

感銘を受けた言葉 

レートが溶けた時の対処法 

「雑魚は黙ってろ」という風潮について 

相手批判について 

クレッフィについての主観 

今マンダ軸を組むのであれば 

構築を弄るということ 

【雑記】水曜日に有給を取ると負担が減るらしいので実践してみた

  今回はリアル方面の雑記。

 なんとなくネットを見ていると、以下のような記事を見つけた。

shachiku-festival.com

(リンクは無断転載につき、問題があれば削除いたします)

 この記事によると、水曜日に有給を取ることで連勤を最小限に減らせるので、心身の負担が減るとの事。

 善は急げということで早速実践してみた。

 結論から述べると、有給を取らずに5連勤した週と比べれば確かに楽になるものの、記事を読んで想像していたほど楽になるわけではなかった、というのが率直な感想。

 元記事にもある通り、有給を取らなかった場合は5連勤になってしまうのに対し、水曜日に休みを入れる事で連勤日数を「2」に減らせるのは確かに楽だった。

 特に、月曜日の憂鬱な気分をかなり軽減出来る上に、週半ばとはいえ体力を回復した状態で木曜日と金曜日を迎えられる点が優秀。「明日行けば休み」と「明日は休み」の2択しかないのは強い。

 ただ、この方法にも欠点があって、「休み明けの勤務日」が増えてしまうのである。

 一応説明すると、有給無しなら休み明けの勤務日が月曜日1日で済むところ、水曜日に有給を挟むと月曜と木曜の2日に増えてしまう。

 それの何がいけないのか、という話であるが、私は実のところ休み明けの勤務日というのがどうにも苦手なのである。

 これはほとんど自分のせいであるが、休みとなるとつい昼まで寝溜めしてしまうせいで、休み明けの勤務日が眠くてしょうがない。

 結果、有給無しなら「休み明けの辛い勤務日」が月曜1日で済んだところ、水曜日に有給を挟むと月曜と木曜の2日に増えてしまうのである。このポイントが「予想よりも楽ではなかった」原因。

 このように考えると、水曜日に有給を挟むやり方は、休み明けの勤務日が苦にならないタイプの人向きと言えるのかもしれない。

 休み明けが楽なタイプにとっては、連勤を減らせるというメリットしかないからである。

 あるいは、日曜夜から月曜の朝にかけて、5連勤を想像すると憂鬱で仕方がない、という方にとっても、その憂鬱さを軽減出来るので、水曜日に有給を取りに行くのが良いのかもしれない。

 この辺については、金曜日に有給を取った週と、水曜日に有給を取った週とで負担感を比較して決めたい。

 

 







 

(余談)

 ここまで書いていて思ったが、正直週5×8時間の勤務量って割と多いのではないだろうか。 

 少なくとも私にとっては定時に帰っていても結構疲れている。休日に寝溜めしてしまったり、しばしば風呂で寝落ちしてしまったりしているのがその証拠。

 こういった疲労との付き合い方について、読者諸氏の方に社会人の先輩方がいらっしゃるならご教示いただきたい。

レートリセットについて

 

 レートリセット(通称レリセ)という行為がある。今回は、この行為について、TLで話題になったので意見を述べる。

 なお本文の内容は全て個人的な意見であり、特定の個人を批判する意図はない。

 また、ここではレートリセットを「1500よりも高いレートにいる自分の戦績をリセットする事」と定義する。

 

 さて、先に結論から話すと、私はレートリセットには反対である。

 理由は、デメリットに比べてメリットがなさすぎるからである。

 以下、具体的に説明する。レリセ賛成派の方からもらった意見や、レリセしている方の様子から察するに、レリセのメリットとして捉えられているのであろう事は以下の2つ。

(A)勝率の改善

(B)モチベーションの回復

これら2つである。

 しかし、私にはこれらのいずれもメリットだとは思えない。

 (A)について言うと、伸び悩んだレートをリセットして見た目の勝率を改善しても、レートが伸び悩む根本原因が解決した訳ではない。レートをリセットしたからといって構築やプレイングスキルが劇的に改善するとは考えにくい為である。

 そうなると、リセットしたところで結局リセットしたレート近辺でまた伸び悩み、リセットしたくなってしまう恐れがある。この結果、リセット→1500からリスタート→リセット前のレートに到達→また伸び悩んでリセット、と言う悪循環にはまる恐れすらあるのではないか。

 次に(B)に関する話に移る。これは主観に依存する話ではあるが、少なくとも私は同意出来ない。

 レリセした結果目標(レートや順位)から更に遠ざかってしまう以上、それによってモチベーションが上がるとは思えないのである。

 むしろ、レリセした後、そこまでに費やした時間を無駄にした事を後悔してしまうだろう。

 なぜこうまで「メリットが無い」事を強調するのかと言えば、それに対するデメリットが存在する事である。

 単純な話で、リセット前に費やした時間と労力が水の泡になる事と、レートを上げ直すという追加の労力がかかってしまう事である。

 前者について、具体的にどれくらいの時間を捨てる事になるのか計算してみる。

 仮に、リセット前に100戦潜っていて、1試合に平均10分かかっていたとする。

 この場合、リセット前に潜っていた時間は合計で1000分=16時間40分 となる。

 リセットするだけで、実にこれだけの時間を棒に振る訳である。

 更に、後者の「上げ直す」という労力も無視できない。この場合リセット前のレートまで戻す為に、リセット前と同程度の対戦数と試合時間を費やすと仮定した場合、リセット前に費やした時間と合わせて、レリセに伴って追加された試合時間は1000分×2=2000分。

 実に33時間20分もの余計な対戦時間を費やす事になる訳である。

 これらは全てレートリセットさえしなければ回避できたロスコストである。30時間もあれば、伸び悩んだ原因を考察して改善案を出すくらいの事は出来るのではないだろうか。

 私にとってはその方が有意義に思えてならない。


 本文で挙げた時間的問題の他にも、「デフレの原因になる」という別の問題も考えられるが、それについては影響度を証明することが難しい為敢えて触れない。

 しかし、計算をしやすい「時間の浪費」という一点に絞っても無視できないデメリットがある以上、個人にとっても避けた方が良いだろうというのが現在の考えである。

(ネタ記事)忘れ物には気をつけよう!~ポケモントレーナーMさんの場合~

 

 突然ですが、皆さんはレートで「押しミス」というのをやってしまい後悔したことはありますか?私はあります。

 しかし、こういう経験はあまりないのではないでしょうか。

 

~レートにて~

f:id:mokugyo327:20180606195205j:plain

Mさん「対面のマッギョには回復ソースがないはずだから、マンダにバックしてメガどくどくを入れたい」

 

(ここで交代しようとして)Mさん「あれ、このマンダ変な持ち物持ってるんだけど」

 

Mさん「パワーバンドwwww

 

 なんとMさん、あろうことかレート本番でメガストーンを持たせ忘れる始末。なんてこったい!

twitcasting.tv

 

(一部始終を収めた録画)

 

 今のは流石に極端な例ですが、このようなプレイング以外のミスで落とすのもアホ臭いですし、きちんと「確認する癖」をつけるべきだと実感しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみにこの試合にはなんか勝ちました。

 

 

(余談)

 忘れ物関連でいうとこちらの動画が非常に面白いのでオススメです。

 ORAS初期の動画ですが、忘れ物によってプランが狂う事の怖さが大変わかりやすく表現されております。

sp.nicovideo.jp

数字で測れない強みを持つ

 

 最近課題意識を持っていることの一つ。

 自分は「数字で測れない強み」を持てていないなと強く感じている。

 なぜ「数字で測れない」という枕詞をつけたのかと言えば、数字で測れる強みしかない人間はいずれ誰かに取って代わられてしまうのではないか、と考えているからである。

 もっと言えば、「スキル」のみで勝負するより、「人格」を武器にして勝負した方が強いという事である。

 ポケモンで例えて言えば、「スキル」に相当するレートの数値が高くとも、それを維持し続けない限り強みではなくなってしまう。

 さらに言えば、レートの数値は比較可能なので、「上には上がいる」と言うように、自分よりもさらにレートの高い人が現れた場合に取って代わられてしまう。

 このように考えると、少なくとも「スキル」のみで勝負するのは長い目で見ると不安定なのではないかという思いがある(無論、スキルのみでもトップに君臨し続けられる程の才能と実力があるなら別である)。

 一方で、「人格」で勝負してポジションを築く事ができれば、「替えが効かない」存在となりうる。理由は単純で、「人格」というものを客観的指標で比較する事が非常に難しいからである。

 比較されなければ取って代わられる余地もないので、この点において「スキル」のみで勝負するやり方よりも強いと考えている。

 翻って我が身を振り返った時に、自分がこれまでの人生において培って来た「強み」はせいぜい学歴くらいであり、そんなものは偏差値という指標である程度測れてしまうものである。

 これは吹けば飛ぶような脆い「スキル(と言っていいのかも怪しい)」であり、しかも全盛期の頃ですらトップを取れたことは一度もない。

 ついては、せっかく一部の方からイジっていただいているのだから、これをチャンスと捉えて人の輪を広げていきたいものである。

 今までの話をまとめると、「ネタにされる」というのは紛れもなく「強み」であり、「人格」を武器にしてポジションを築くチャンスである、という事である。

 

 

 

 

 

 ちなみに、私がこのような課題意識を持っているのは、私自身の事を「ポケ勢である前にネット活動者である」と認識しているからである。

 あくまでポケモンが優先であるならばこのような事を考える必要性もないので、そのように割り切ってしまうのも手かもしれない。

【USM・リンク集】ジャラグロス軸構築記事まとめ

f:id:mokugyo327:20180602153746p:plain 

 今回は、私が普段使っているメタグロス軸構築の中で、ジャラランガと組ませるのが強い、という事を聞き構築記事のリンクをまとめました。

 なお、本記事のリンクは全て無駄転載につき、問題があれば削除いたします。

 またトレーナー名は敬称略です。

続きを読む

【USM・リンク集】滅びゲンガー入り構築記事まとめ

f:id:mokugyo327:20180414130822p:plain

 本記事では、USMにおいて「滅びの歌」持ちメガゲンガーを採用した構築記事へのリンクをまとめました。

 なお本記事のリンクは全て無断転載ですので、問題があればコメント欄もしくはTwitter@mokugyo327までご連絡下さい。

続きを読む